版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「講」研究の可能性 Ⅱ 長谷部八朗(著/文 | 編集) - 慶友社
..

「講」研究の可能性 Ⅱ

発行:慶友社
A5判
488ページ
定価 12,000円+税
ISBN
9784874490723
Cコード
C3039
専門 単行本 民族・風習
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2015年8月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

人びとの孤立化・無縁化が進み、互いを繋ぐ場を見失いがちな今日、先行研究を検討しつつ、日本社会における「講」の多様な活動実態に光を当て、それらの果たしてきた役割を改めて問う論文集の続刊。
昭和30年代まで、各地でさかんに行われた「講」活動は、地域社会の変動とともにいまや消失しようとしている。講をとりまく急速な社会変動を見据え、「講」活動の今日的動向をさまざまな角度から考察し、堀一郎の「日本宗教史」研究を再吟味しながら、現代社会における「講」研究の可能性を追求する。

目次

 叙文 長谷部八朗  
  編纂の経緯
  各論攷の要旨
Ⅰ 堀一郎の講理論
 堀一郎の宗教・信仰史論と「講」――「日本宗教史」論の視座から――  長谷部八朗
  はじめに
  一 『日本宗教史』研究の歩み――堀一郎に至るまで――
  二 堀一郎の宗教・信仰論
  三 堀一郎の「講」に関する論述とその意味
  おわりに
Ⅱ 講の結集、維持、変遷の諸相
 日本仏教における講の展開――浄土真宗の事例を中心に――  高山秀嗣
  はじめに
  一 親鸞の時期の講について
  二 覚如から存如の時期の講について
  三 蓮如の時期の講について
  四 浄土真宗の講の特徴
  まとめにかえて
 明治初年の神宮教院・神宮教会と神風講社 武田幸也
  はじめに
  一 神宮教院・神宮教会の成立と愛国講社
  二 『神宮教会講社規則』と『神風講社社長取締事務取扱心得書』にみる神風講社
  三 『神風講社結収大意』にみる神風講社結収の目的と役割
  四 『神宮教会規制』における神風講社
  五 『開知新聞』にみる神風講社の実態
  おわりに
 講を継承するしくみと工夫――尾州鷹羽講の組織と運営――   小林奈央子
  はじめに――本論の目的――
  一 鷹羽講所在地域の概観
  二 鷹羽講の歴史
  三 鷹羽講の組織
  四 鷹羽講運営の工夫
  ま と め――講の継承成功の背景にあるもの――
 法を嗣ぐ在俗行者――近代期における尾張儀覚刑を例にみる御嶽講の結集原理――  関 敦啓
  はじめに
  一 御嶽講の成り立ちと変遷
  二 霊神信仰と在俗行者
  三 在俗行者の講として
  まとめにかえて
 大岳講に関する一考察――札の置き場の検討を中心に――    西村敏也
  はじめに
  一 大岳山・大岳神社・大岳講
  二 八王子市戸吹の事例
  三 小金井市貫井南町の事例
  四 小金井市緑町の事例
  おわりに
 講の社会的位置づけの変遷、および講研究の射程に関する一考察 天田顕徳
  問  題
  一 背  景――桜井のみた風景、我々のみる風景――
  二 講の社会的位置づけの変化
  三 講の現場において――筑波山禅定を事例として――
  結  論――現代における講の価値と講研究の可能性――
Ⅲ 講的集団、あるいは講周辺の諸相
 近世における高野山参詣意識――頼慶筆『高野山縁起』を参考に――  村上弘子
  はじめに 
  一 高野山の縁起
  二 勧進文と縁起
  三 遍照光院頼慶について
  四 頼慶筆『高野山縁起』について
  五 頼慶死後の『高野山縁起』
  むすびにかえて
 近代神社の講的組織――気多講社を事例に――         市田雅崇
  はじめに
  一 神社付属の講的組織
  二 気多神社の講的組織の概要
  三 気多神社保存会と気多講社
  四 気多講社と気多神社保存会――まとめにかえて――
 稲荷信仰の講と祭り                 牧野眞一
  はじめに
  一 稲荷講と祭り
  二 稲荷講としてのオビシャ
  三 在地講としての稲荷講
  おわりに
 集落の再編――ショウキサマ祭祀の継承――      石本敏也
  はじめに
  一 調査地概観
  二 ショウキサマ祭祀の実態
  三 トウマエの言説
  四 祭祀組織の変遷
  五 ショウキサマ祭祀組織の再々編
  六 集落の再編
  ま と め
 奥山半僧坊信仰の変遷――講と漁業史の視点から――   髙木大祐
  はじめに
  一 方廣寺と鎮守
  二 椎河大龍王の信仰
  三 奥山半僧坊の縁起と伝説
  四 浜名湖周辺の奥山半僧坊信仰
  五 「明治一四年大火」と奥山半僧坊信仰の広がり
  六 漁民信仰からみた奥山半僧坊
  むすびにかえて
あとがき

著者プロフィール

長谷部八朗  (ハセベハチロウ)  (著/文 | 編集

長谷部八朗(ハセベハチロウ)1950年 埼玉県生まれ。慶應大学商学部卒業。駒澤大学大学院人文科学研究科社会学専攻博士課程単位取得退学。現在 駒沢大学仏教学部教授。〔主要論著〕『祈祷儀礼の世界―カミとホ、トケの民俗誌』(名著出版、1992年)、「民衆宗教史と仏教」(『岩波講座 宗教3 宗教史の可能性』岩波書店、2004年)、「「土着化」論より見た宗教交渉史研究―桜井徳太郎の所説をめぐって―」(『宗教史とは何か』上(宗教史学論叢)、リトン、2008年)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。