版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
タブーこそを撃て! 原一男と疾走する映画たち  - キネマ旬報社
.

タブーこそを撃て! 原一男と疾走する映画たち

B5判
128ページ
並製
定価 1,750円+税
ISBN
978-4-87376-460-3
Cコード
C0074
一般 単行本 演劇・映画
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年2月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

鬼才・原一男の全貌に迫る1冊。監督作「さようならCP」「極私的エロス・恋歌1974」「ゆきゆきて、神軍」「全身小説家」「またの日の知華」から最新作「ニッポン国VS泉南石綿村」(18年3月公開)へ――監督・原一男の物騒過ぎる軌跡が再発見される。

目次

目次
■全仕事を振り返る本に寄せて 原一男

■疾走するドキュメンタリー① 微かな動き、小さな声に感応して 『ニッポン国VS泉南石綿村』

●私の感情・肉体=カメラの衝動に身を任せ、アクションを捉えたい インタビュー 原一男 
●原一男における死の韻律と過剰なるもの 『ニッポン国VS泉南石綿村』作品評 四方田犬彦 

■あらゆる抵抗が無化される時代をどう捉えるか 辺見庸、原一男映画を語る 

■ドキュメンタリーとアニメーション それぞれのアイデンティティを探して 対談 原一男、庵野秀明 

■原一男 映画を読む、映画を語る
●読む、映画
●語る映画
・「狂気」ってなんだ? 収容病棟という「逆」ユートピア 対談 原一男、王兵
・表現の自由をめぐって 『ナヌムの家』上映妨害事件を通して考える 座談会 原一男、鈴木邦男、田中美津

■疾走するフィルモグラフィー② 戦争、私刑(リンチ)、人肉食 『ゆきゆきて、神軍』
●神軍にはすべてがある! 対談 原一男、塚本晋也
●あまりに劇的なドキュメント 座談会 原一男、佐木隆三、品田雄吉 
●劇的であること 『ゆきゆきて、神軍』作品論 大塚英志 

■疾走するフィルモグラフィー③ 行動する障害者、記録するカメラ 『さようならCP』
●それぞれのたたかい 座談会 原一男、玉木幸則、真野修一

■疾走するフィルモグラフィー④ 虚構は現実から出発する 『全身小説家』『極私的エロス・恋歌1947』
●眼のドキュメンタリー~『全身小説家』に寄せて~ 三浦雅士
●現実と虚構の親密さについて 『全身小説家』『極私的エロス恋歌1974』 対談 原一男、柳美里

■極私的手記 
①人恋しさは、満たされてしまった 武田美由紀
②映画がロマンなら、生活もロマンさ! 小林佐智子

上記内容は本書刊行時のものです。