版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:28:"おすすめ紙芝居400冊 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-87077-227-4";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:225:"膨大な紙芝居から、お勧め450冊を厳選。カラー画像付きで解説。この行事・季節・場面では、どの紙芝居が使えるか―が分かるジャンル別索引など、使える一冊。";s:6:"author";s:35:"子どもの文化研究所(編集)";s:10:"publishers";s:9:"一声社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"一声社";s:12:"release_date";i:1425481200;}

紙芝居入門テキスト・セット2

おすすめ紙芝居400冊 こんな時はこの紙芝居を

教育 ラノベ

子どもの文化研究所(編)
発行:一声社

A5判   220頁  上製
定価 2,000円+税

ISBN 978-4-87077-227-4   C0037
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2015年3月
書店発売日 2015年3月5日
登録日 2015年1月4日

このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日:2015-05-25

紹介

膨大な量の紙芝居からお勧め450冊を厳選したリスト。カラー画像付き解説、役立つ「ジャンルやキーワード別索引」など。

目次

もくじ

はじめに/リストの使い方

この時こんな紙芝居(索引―ジャンルと活用別)
 日本の昔話
  春・・・● 夏・・・●(「怪談」・・・●) 秋・・・● 冬・・・● 季節を問わない昔話・・・●
 アジアの昔話・・・●
  韓国・中国・モンゴル・チベット・ベトナム・ラオス・スリランカ・インド 
 欧・米・アフリカの昔話(イソップ、グリムも)・・・●ページ
  ロシア・ウクライナ・ポーランド・ベルギー・フランス・イタリア・イギリス・ナイジェリア・北米ネイティブ、イソップ・グリム

 原作のある話(宮沢賢治・アンデルセンなどの名作)・・・●
  日本・・・● 外国・・・●

 いろいろなお話・・・●
   笑い話・落語・・・● 怖い話・怪談・・・● 冒険・・・● 友だち・友情・・・● 親子・家族・・・● 

行事・・・●

保育園・幼稚園、学校で・・・●
   生活習慣・・・● 防犯・防災・・・● 交通安全・・・● 健康・・・●
 乗り物・・・● 自然・・・●
 ノンフィクション・・・●ページ

本当にあった話・・・●

平和・人権・・・●

紙芝居であそぼ!・・・●

赤ちゃんと高齢者へ・・・●
   赤ちゃん向け・・・● 高齢者向け・・・●

創作紙芝居・・・●

シリーズ(『アンパンマン』~『ロボット・カミイ』まで)・・・●

作品紹介(五十音順)・・・●
 あ行(『あかんぼばあさん』~『おまんじゅうのすきなとのさま』まで)・・・●
 か行(『かあさんのイコカ』~『コンコちゃんとなかまたち』まで)・・・●
 さ行(『さぎとり』~『ぞろぞろ』まで)・・・●
 た行(『だいくとねこ』~『とんまなおおかみ』まで)・・・●
 な・は行(『ないたあかおに』~『ほねほね・・・ほ!』まで)・・・●
 ま~わ行(『マッチうりのしょうじょ』~『わんわんちゃん』まで)・・・●

紙芝居作家の語る―私と紙芝居・・・●
 岡野 和…● 香山美子…● 篠崎三朗…● 鈴木幸枝…● 瀬名恵子…● 高木あきこ…● 土田義晴…●  ときわひろみ…● とよたかずひこ…● 夏目尚吾…● 藤本四郎…● 古山広子…● 水谷章三…● 宮﨑二美枝…● わしおとしこ…● やべみつのり…● 渡辺享子…●

 作者別索引・・・●ページ
  原作者別・・・● 脚本家別・・・● 画家別・・・●

版元から一言

紙芝居の世界は狭く、出版社も限られてきました。おすすめ紙芝居を紹介するリストも、出版社を横断するリストはほとんどありません。本書は、10もの出版社から選定しています。ここがまず第一に、絶対にお勧めのポイント。
第2のおすすめポイントは、個人の趣味や机上の空論で選んだリストではないという点。多くのベテラン実演家が、実際に子どもたちに演じてきた膨大な紙芝居の中から、子どもの反応をもとに、集団で検討し「これこそおすすめ」という450冊を選定したのです。実践の裏打ちと、集団の英知が詰まったリストです。
第3のポイントは、演じる方が使いやすいリストだという点。ジャンル別・活用別索引で、どんな時に度の紙芝居が使えるか、一目瞭然。それぞれの紙芝居の枚数・実演目安時間も明記。紹介文では、あらすじと演じ方のワンポイントアドバイスも記しています。

上記内容は本書刊行時のものです。