版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:35:"作編曲家 大村雅朗の軌跡 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86647-019-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:4914:"作編曲家として駆け抜けた46年の生涯とその功績を、 生前関わりのあった著名人たちの証言とともに紐解く。 [撮り下ろしインタビュー掲載] 大江千里、大沢誉志幸、辛島美登里、くま井ゆう子、 小室哲哉、松田聖子、松本隆、八神純子、渡辺美里(五十音順)ほか多数! 大村が生まれ育った福岡でも取材を敢行。 生い立ちから晩年に至るまでをつまびらかにし、 大村とともに多くのヒット曲を生み出したディレクター、 エンジニア、そしてミュージシャンからのコメントも多数掲載。 また業界誌『オリコンORIGINAL CONFIDENCE』 96年2/26号での大村雅朗氏本人の 生前ラスト・インタビューを特別掲載! さらに1,600曲を超える編曲作品リストも!! 1951年生まれ、福岡県出身。幼少の頃からピアノを習い、中学・高校では吹奏楽部に入部。高校3年時には部長として全国大会に出場。高校を卒業後、ネム音楽院に1期生として入学、その後はヤマハ音楽振興会九州支部のスタッフを経て78年に上京。同年、八神純子の「みずいろの雨」の編曲を手がけ、一躍ヒットメーカーに躍進。中でも作曲・編曲を手がけた松田聖子の「SWEET MEMORIES」は後世に残る名曲となった。97年、肺不全のため46歳の若さで死去。日本のポップス界が大村雅朗という天才アレンジャーを失った代償は計り知れない。 [代表曲] 八神純子「みずいろの雨」「パープルタウン」、石川ひとみ「くるみ割り人形」、山口百恵「謝肉祭」、石野真子「思いっきりサンバ」、松田聖子「青い珊瑚礁」「チェリーブラッサム」「夏の扉」「SWEET MEMORIES」、河合奈保子「スマイル・フォー・ミー」「UNバランス」、渡辺徹「約束」、吉川晃司「モニカ」「LA VIE EN ROSE」、薬師丸ひろ子「メイン・テーマ」、岡田有希子「リトルプリンセス」、大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」、南野陽子「恥ずかしすぎて」、原田知世「早春物語」「どうしてますか」、中山美穂「JINGI・愛してもらいます」「ツイてるね ノってるね」、渡辺美里「My Revolution」「BELIEVE」、小泉今日子「水のルージュ」他 序文 大村雅朗という名の矜持に抱かれて Special Interview 松本隆 第1章 福岡時代 大村雅朗の足跡 ~福岡からネム音楽院、そして再び福岡へ(取材・文:田渕浩久) [Column] 「バク」という愛称の秘密(文:田渕浩久) 第2章 上京~70年代末 [Interview]八神純子 [Comments]石塚良一、瀬尾一三、川瀬泰雄、細川知嗣、鈴木道夫、 大輪茂男、内沼映二、赤荻雄二 [Column]隅憲治に聞く、ネム音楽院、ヤマハ九州支部での大村(取材・文:梶田昌史) 第3章 80年代前半 [Comments]若松宗雄 [特別対談]鈴木智雄×佐藤洋文 [Interview]髙水健司 [Interview]林立夫 [特別対談]松武秀樹×山田秀俊×石川鉄男 [Column]松田聖子の主要シングルに見る大村サウンドの裏側(取材・文:梶田昌史) [Interview]木﨑賢治 [Interview]大澤誉志幸 [Comments]菊池健、吉田格、青野光政、益本憲之、北村篤識、 羽島亨、國吉美織、鈴木孝夫 第4章 80年代後半 [Interview]小坂洋二 [Interview]大江千里 [Interview]渡辺美里 [Interview]小室哲哉 [Column]大村雅朗から小室哲哉へ、知られざるJ-POP時代へのリレーション(文:田渕浩久) [Comments]伊東俊郎、左川康之、角谷哲朗、池村雅彦、髙橋隆 福住朗、吉江一郎、山田繁、田村充義、高田英男、長岡和弘 第5章 渡米~90年代 渡米~ロスからニューヨークへ、そして帰国(取材・文:田渕浩久) [Interview]くま井ゆう子 [Interview]辛島美登里 [Comments]太田憲行、石川鉄男、河野素彦、たちいりひとし、白石元哉 [Column]松田聖子「櫻の園」のアレンジとサウンド・メイキング(取材・文:梶田昌史) [Column]大村雅朗楽曲とギター、そして松原正樹の存在(文:田渕浩久) 第6章 Artist's Voice 船山基紀、木戸やすひろ、山本健司、下成佐登子、三浦徳子、石川優子、小田裕一郎、 吉川忠英、比山貴咏史、山川恵津子、富樫春生、矢嶋マキ、斉藤ノヴ、橋田〝ペッカー〟正人、加藤高志、西本明、瀧本季延、広谷順子、倉田信雄、島村英二特別章 大村雅朗、生前インタビュー(『オリコン オリジナル・コンフィデンス』より) [Interview]松田聖子 [特別付録]大村雅朗 編曲作品一覧 あとがき";s:6:"author";s:31:"梶田昌史(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:8:"DU BOOKS";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:8:"DU BOOKS";s:12:"release_date";i:1499353200;}

作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951-1997

芸術 ラノベ

梶田昌史(著), 田渕浩久(著)
発行:DU BOOKS

A5判   316頁  並製
価格 2,500円+税

ISBN 978-4-86647-019-1   C0073
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2017年7月
書店発売日 2017年7月7日
登録日 2017年4月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-07-16 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者:栗原裕一郎(評論家)

紹介

作編曲家として駆け抜けた46年の生涯とその功績を、
生前関わりのあった著名人たちの証言とともに紐解く。

[撮り下ろしインタビュー掲載]
大江千里、大沢誉志幸、辛島美登里、くま井ゆう子、
小室哲哉、松田聖子、松本隆、八神純子、渡辺美里(五十音順)ほか多数!


大村が生まれ育った福岡でも取材を敢行。
生い立ちから晩年に至るまでをつまびらかにし、
大村とともに多くのヒット曲を生み出したディレクター、
エンジニア、そしてミュージシャンからのコメントも多数掲載。

また業界誌『オリコンORIGINAL CONFIDENCE』
96年2/26号での大村雅朗氏本人の
生前ラスト・インタビューを特別掲載!
さらに1,600曲を超える編曲作品リストも!!


<大村雅朗(おおむらまさあき)>
1951年生まれ、福岡県出身。幼少の頃からピアノを習い、中学・高校では吹奏楽部に入部。高校3年時には部長として全国大会に出場。高校を卒業後、ネム音楽院に1期生として入学、その後はヤマハ音楽振興会九州支部のスタッフを経て78年に上京。同年、八神純子の「みずいろの雨」の編曲を手がけ、一躍ヒットメーカーに躍進。中でも作曲・編曲を手がけた松田聖子の「SWEET MEMORIES」は後世に残る名曲となった。97年、肺不全のため46歳の若さで死去。日本のポップス界が大村雅朗という天才アレンジャーを失った代償は計り知れない。

[代表曲]
八神純子「みずいろの雨」「パープルタウン」、石川ひとみ「くるみ割り人形」、山口百恵「謝肉祭」、石野真子「思いっきりサンバ」、松田聖子「青い珊瑚礁」「チェリーブラッサム」「夏の扉」「SWEET MEMORIES」、河合奈保子「スマイル・フォー・ミー」「UNバランス」、渡辺徹「約束」、吉川晃司「モニカ」「LA VIE EN ROSE」、薬師丸ひろ子「メイン・テーマ」、岡田有希子「リトルプリンセス」、大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」、南野陽子「恥ずかしすぎて」、原田知世「早春物語」「どうしてますか」、中山美穂「JINGI・愛してもらいます」「ツイてるね ノってるね」、渡辺美里「My Revolution」「BELIEVE」、小泉今日子「水のルージュ」他



<目次>
序文 大村雅朗という名の矜持に抱かれて

Special Interview 松本隆

第1章 福岡時代
大村雅朗の足跡 ~福岡からネム音楽院、そして再び福岡へ(取材・文:田渕浩久)
[Column] 「バク」という愛称の秘密(文:田渕浩久)
第2章 上京~70年代末
[Interview]八神純子
[Comments]石塚良一、瀬尾一三、川瀬泰雄、細川知嗣、鈴木道夫、
大輪茂男、内沼映二、赤荻雄二
[Column]隅憲治に聞く、ネム音楽院、ヤマハ九州支部での大村(取材・文:梶田昌史)
第3章 80年代前半
[Comments]若松宗雄
[特別対談]鈴木智雄×佐藤洋文
[Interview]髙水健司
[Interview]林立夫
[特別対談]松武秀樹×山田秀俊×石川鉄男
[Column]松田聖子の主要シングルに見る大村サウンドの裏側(取材・文:梶田昌史)
[Interview]木﨑賢治
[Interview]大澤誉志幸
[Comments]菊池健、吉田格、青野光政、益本憲之、北村篤識、
羽島亨、國吉美織、鈴木孝夫
第4章 80年代後半
[Interview]小坂洋二
[Interview]大江千里
[Interview]渡辺美里
[Interview]小室哲哉
[Column]大村雅朗から小室哲哉へ、知られざるJ-POP時代へのリレーション(文:田渕浩久)
[Comments]伊東俊郎、左川康之、角谷哲朗、池村雅彦、髙橋隆
福住朗、吉江一郎、山田繁、田村充義、高田英男、長岡和弘
第5章 渡米~90年代
渡米~ロスからニューヨークへ、そして帰国(取材・文:田渕浩久)
[Interview]くま井ゆう子
[Interview]辛島美登里
[Comments]太田憲行、石川鉄男、河野素彦、たちいりひとし、白石元哉
[Column]松田聖子「櫻の園」のアレンジとサウンド・メイキング(取材・文:梶田昌史)
[Column]大村雅朗楽曲とギター、そして松原正樹の存在(文:田渕浩久)
第6章 Artist's Voice
船山基紀、木戸やすひろ、山本健司、下成佐登子、三浦徳子、石川優子、小田裕一郎、 吉川忠英、比山貴咏史、山川恵津子、富樫春生、矢嶋マキ、斉藤ノヴ、橋田〝ペッカー〟正人、加藤高志、西本明、瀧本季延、広谷順子、倉田信雄、島村英二特別章 大村雅朗、生前インタビュー(『オリコン オリジナル・コンフィデンス』より)
[Interview]松田聖子
[特別付録]大村雅朗 編曲作品一覧
あとがき

著者プロフィール

梶田昌史(カジタマサシ)

1971年生まれ、東京都出身。中学生の頃、ドラマー島村英二との出会いをきっかけに、現在に至るまで多くのスタジオ・ミュージシャン、アレンジャーと親交を深める。アイドル歌謡曲全盛の80年代は担当ディレクター、コーディネーター(インペグ)に自ら電話をかけ、参加ミュージシャンのリサーチやプレイヤー視点での楽曲研究に傾倒。スタジオ業界関係者からの信頼も厚い。

田渕浩久(タブチヒロヒサ)

1976年生まれ、兵庫県出身。大学卒業後に上京、リットーミュージック/ギター・マガジン編集部を経てフリーに。2014年、ディスクユニオン入社。DU BOOKS編集担当。

上記内容は本書刊行時のものです。