版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:42:"【増補版】ピアニストが語る!";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86598-035-6";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1269:"音楽との出会い、ピアノ教師、ロシア・ピアニズム、伝統の継承、レパートリー、国際コンクールの内幕、亡命、共産主義と商業主義……世界的ピアニストたちが長時間インタビューに応じ、芸術、文化、政治、社会、家庭、人生について縦横に語る。◎大好評につき品切れとなっていた本書を、イーヴォ・ポゴレリチの2016年12月来日時(読売日本交響楽団定期演奏会)の長時間インタビューを収録した増補版として刊行!ポゴレリチが録音を再開した心境、ベートーヴェン、シューマン、ラフマニノフについての独自の見解が明らかになる!〔インタビューしたピアニスト〕イーヴォ・ポゴレリチ、グウィニス・チェン、エリソ・ヴィルサラーゼ、ドミトリー・バシキーロフ、ナウム・シュタルクマン、オクサナ・ヤブロンスカヤ、ウラディーミル・クライネフ、エリザベート・レオンスカヤ、ミハイル・ルディ、ニコライ・ルガンスキー、ゲルハルト・オピッツ、ラルス・フォークト、レイフ・オヴェ・アンスネス、ピーター・ドノホー";s:6:"author";s:31:"焦 元溥(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:33:"アルファベータブックス";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:33:"アルファベータブックス";s:12:"release_date";i:1499266800;}

現代の世界的ピアニストたちとの対話

【増補版】ピアニストが語る!

芸術 ラノベ

焦 元溥(著/文), 森岡 葉(翻訳)
発行:アルファベータブックス

四六判   448頁 
定価 3,200円+税

ISBN 978-4-86598-035-6   C0073

書店発売日 2017年7月6日
登録日 2017年6月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

音楽との出会い、ピアノ教師、ロシア・ピアニズム、伝統の継承、レパートリー、国際コンクールの内幕、亡命、共産主義と商業主義……世界的ピアニストたちが長時間インタビューに応じ、芸術、文化、政治、社会、家庭、人生について縦横に語る。
◎大好評につき品切れとなっていた本書を、イーヴォ・ポゴレリチの2016年12月来日時(読売日本交響楽団定期演奏会)の長時間インタビューを収録した増補版として刊行!

ポゴレリチが録音を再開した心境、ベートーヴェン、シューマン、ラフマニノフについての独自の見解が明らかになる!

〔インタビューしたピアニスト〕
イーヴォ・ポゴレリチ、グウィニス・チェン、エリソ・ヴィルサラーゼ、ドミトリー・バシキーロフ、ナウム・シュタルクマン、オクサナ・ヤブロンスカヤ、ウラディーミル・クライネフ、エリザベート・レオンスカヤ、ミハイル・ルディ、ニコライ・ルガンスキー、ゲルハルト・オピッツ、ラルス・フォークト、レイフ・オヴェ・アンスネス、ピーター・ドノホー

著者プロフィール

焦 元溥(チャオ ユアンプー)

1978年、台北生まれ。国立台湾大学卒。 大英図書館特別研究員としてキングス・カレッジで音楽専攻。音楽研究家。著書に『作曲家の意図は、すべて楽譜に!』『音符でなく、音楽を!』(いずれのアルファベータブックス)

森岡 葉(モリオカ ヨウ)

慶應義塾大学卒。音楽ジャーナリスト。 訳書に『現代の世界的ピアニストたちとの対話・全3巻』(アルファベータブックス)

上記内容は本書刊行時のものです。