版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
幕末維新 まさかの深層 加来耕三(著/文) - さくら舎
..

幕末維新 まさかの深層 明治維新一五〇年は日本を救ったのか

発行:さくら舎
四六判
296ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784865811308
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年10月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

幕末維新の“ウソのような本当の深層の話”!

「攘夷の総本山・水戸斉昭は、実は開国論者だった!」「江戸の幕閣はアメリカに関する最新情報を収集し、ペリー来航前にすでに分析を終えていた!」「幕末日本に一番影響を与えた人物はナポレオンだった!」「国土防衛の切り札はパンだった!」……最新の研究成果によって浮かび上がってきた、幕末・明治期の“うそのような本当の話”や、歴史の陰に埋もれた知られざる偉人たちのエピソードを紹介する。

著者は言う。「明治維新を“第一の開国”とするなら、“第二の開国”はアジア・太平洋戦争の敗戦。明治維新150年を迎えようとする今、“第三の開国”を断行しなければ迷走するこの国を変えられないのではないか。具体的にどうずればいいか。わたしは“第一の開国”明治維新にこそ学ぶべきだと考える」

目次

序 章 意外な明治維新の出発点
第一章 終始劣勢だったペリー外交
第二章 空白の十二年
第三章 内憂外患の深層
第四章 明治維新、もう一つの可能性

著者プロフィール

加来耕三  (カクコウゾウ)  (著/文

1958年、大阪市生まれ。歴史家、作家。奈良大学文学部史学科卒業。著作活動のほかに、テレビ・ラジオ番組の時代考証や番組の企画・監修・構成を担当。人気テレビ番組「ザ・今夜はヒストリー」(TBS系)、「BS歴史館」「英雄たちの選択(以上、NHK BSプレミアム)などに出演。さらに全国各地での講演活動も精力的におこなっている。
著書には『図説「生きる力」は日本史に学べ』(青春文庫)、『刀の日本史』(講談社現代新書)、『歴史に学ぶ自己再生の理論』(論創社)、『誰が、なぜ? 加来耕三のまさかの日本史』『名家老たちの危機の戦略戦術』『謀略!大坂城』(以上、さくら舎)、『日本武術・武道大事典』(監修・勉誠出版)、『コミック版 日本の歴史』シリーズ既刊五十四巻(監修・ポプラ社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。