版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
決定版 邪馬台国の全解決 孫 栄健(著) - 言視舎
.

決定版 邪馬台国の全解決 中国史書がすべてを解いていた

発行:言視舎
四六判
縦188mm 横130mm
348ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-86565-114-0
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2018年2月
書店発売日
登録日
2017年12月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

学術書の緻密さ+謎解きのエンタテインメント
日・韓 歴史教科書の書き換え必至!
中国史書特有の「春秋の筆法」という記述原理を史料解読に適用、推理小説顔負けの謎解きの楽しみに富む。★『魏志』「倭人伝」だけでは解けない「謎」「矛盾」を『後漢書』『晋書』との連立方程式によって解決! 
その解とは↓
①「邪馬台国」は女王を盟主とする九州北部三十国の総称で「七万余戸」だった。
②「女王の都」とは「邪馬台国」ではなく「奴国」である。これは倭国の最南端に位置する。「大和説」に代表的な「南⇒東」という方位の読み替えは成り立たない。
③従来から論争の焦点になっていた「万二千余里」(里数記事)と「水行十日陸行一月」(日数記事)の解釈。⇒「帯方郡(朝鮮半島)」から女王国への距離であることを論証。魏の「使節団」が目指したのは「伊都国」だった。なぜか⇒
④「一大率」は最大の政治権力者であり「伊都国王」だったから。それは卑弥呼の弟だった。
⑤卑弥呼は弟に殺されていた!

目次

1 魏志の再発見へ…中国史書とその論理の特徴/孔子が書いたとされる春秋の筆法 
2 中国史書の論理に学ぶ…『晋書』を解読すれば/『後漢書』を解読すれば 
3 『魏志』里程記事を読む…道里記事と極南の国 
4 3世紀の実相…帯方郡より倭国へ/女王の周辺 
5 一大率と伊都国王について…伊都国王が最大の権力者では 
6 東アジアの中の倭国…卑弥呼の死 ほか   

前書きなど

学術書の緻密さ+謎解きのエンタテインメント

版元から一言

日・韓 歴史教科書の書き換え必至!

著者プロフィール

孫 栄健  (ソン エイケン)  (

1946 年生まれ。詩人、作家、歴史研究者。日中韓の古代史や中国古代数学にも詳しい。大阪市在住。
著書に『日本渤海交渉史』(彩流社)『邪馬台国の全解決』(六興出版)『「魏志」東夷伝への一構想』(大和書房)『朝鮮戦争』(総和社)『胡媚児』(ベネッセ)『言語のくびき』(影書房)『古代中国数学「九章算術」を楽しむ本』(2016年刊 言視舎)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。