版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
伶倫楽遊 芝祐靖と雅楽の現代 寺内 直子(編著) - アルテスパブリッシング
.

伶倫楽遊 芝祐靖と雅楽の現代

四六判
272ページ
並製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-86559-173-6
Cコード
C1073
教養 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2017年12月
書店発売日
登録日
2017年12月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

祝!2017年度文化勲章受章!

雅楽界のスーパースター芝祐靖、
終わりなき挑戦の軌跡!

ジャンルの垣根を越え、「雅楽」を儀式音楽から解き放った
不世出の雅楽師・芝祐靖(しばすけやす)の
知られざる生涯を描いた初の評伝。

国立劇場での雅楽・伶楽公演、古譜・古楽器の復元、
宮内庁楽部からの独立と「伶楽舎」の結成、
武満徹《秋庭歌》ほか現代音楽作曲家との協働、
東京藝大での雅楽指導と子どもたちへの雅楽の普及……
これまで知られることのなかったその半生と、
現代における「雅楽」の復活と創造の軌跡、
芝祐靖がそこに果たした役割を跡づける。

貴重な写真のほか、芝祐靖自身が執筆したエッセイも多数掲載。

目次

はじめに 芝祐靖というできごと
第1章 楽家に生まれて
第2章 宮内庁の日々
第3章 雅楽の普及と新しい雅楽
第4章 伶楽舎の挑戦
第5章 伶倫楽遊 芝祐靖の活動理念
あとがきにかえて

雅楽よもやま話 芝祐靖

附録資料
 芝祐靖略年譜
 芝祐靖作品目録
 伶楽舎の主なコンサート
 芝祐靖及び伶楽舎が関わる主な録音

参考文献
索引

著者プロフィール

寺内 直子  (テラウチ ナオコ)  (編著

寺内直子(てらうち・なおこ)
神戸大学国際文化学研究科教授。文学博士。専門は日本音楽史、民族音楽学。日本の伝統音楽・芸能をアジア、欧米など様々な地域との関連において多角的な視点から研究。東京藝術大学在学中に芝祐靖に雅楽を師事。2006年から2007年にかけて文化庁文化交流使としてアメリカで雅楽を紹介。主な著書に『雅楽のリズム構造』(第一書房)、Performing Japan: Contemporary Expressions of Cultural Identity(共著、Global Oriental)、『雅楽の〈近代〉と〈現代〉』、『雅楽を聴く』(以上、岩波書店)、Analytical and Cross-Cultural Studies in World Music (共著、Oxford University Press)など。CD解説にJapanese Traditional Music: Kokusai Bunka Shinkôkai 1941(全五巻)など。

上記内容は本書刊行時のものです。