版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
古代甲斐国の交通と社会 大隅清陽(著/文) - 六一書房
..

古代甲斐国の交通と社会

発行:六一書房
A5判
213ページ
定価 2,900円+税
ISBN
9784864451000
Cコード
C3021
専門 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年3月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

東海道と東山道の結節点である甲斐。交通の要所として、他地域とどのような交流を行い、そしてそれは地域構造にどのような影響を及ぼしたのか。律令制を中心とする制度史の研究の視点から、それまで見落とされていた資料や論点に光を当てる。

目次

第一部 古代甲斐国の成立と特色
 第一章 ヤマト政権と甲斐
 第二章 甲斐の勇者
 第三章 律令制支配と民衆

第二部 地域の人々と律令制
 第一章 古代甲斐国と渡来人
 第二章 甲斐国出身の仕丁関係史料について
 第三章 延喜式内社穂見神社について
 補 論 儀礼空間としての国庁・郡庁

第三部 古代甲斐国の地域と交通
 第一章 ヤマトタケル酒折宮伝承の再検討
 第二章 文献からみた古代甲斐国都留郡の諸問題
 第三章 中部山岳地域における駅制と地域社会

著者プロフィール

大隅清陽  (オオスミキヨハル)  (著/文

1962年福岡県門司市(現北九州市門司区)生まれ。北海道札幌市で育つ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。滋賀大学経済学部助教授、山梨大学教育人間科学部准教授等を経て、現在、山梨大学大学院教育学研究科教授。博士(文学)。主要著書に『律令官制と礼秩序の研究』(吉川弘文館、2011年、単著)、『日本の歴史08 古代天皇制を考える』(講談社、2001年、共著)、『日唐律令比較研究の新段階』(山川出版社、2008年、共著)、『摂関期の国家と社会』(山川出版社、2016年、共著)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。