版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:55:"骨からみた古代日本の親族・儀礼・社会 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86369-495-8";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:210:"既存の文献史学による古代家族論、双系説を揺るがす 人骨からみた古代家族・親族の実態とは? 人骨の考古学から葬送儀礼、原始、古代社会の実像に迫る";s:6:"author";s:21:"田中良之(著/文)";s:10:"publishers";s:15:"すいれん舎";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"すいれん舎";s:12:"release_date";i:1496847600;}

骨からみた古代日本の親族・儀礼・社会 もう一人の田中良之Ⅱ

田中良之(著/文)
発行:すいれん舎

A5判   570頁  上製
価格 5,500円+税

ISBN 978-4-86369-495-8   C3020
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2017年6月
書店発売日 2017年6月8日
登録日 2017年6月1日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

既存の文献史学による古代家族論、双系説を揺るがす
人骨からみた古代家族・親族の実態とは?

人骨の考古学から葬送儀礼、原始、古代社会の実像に迫る

目次

  本書の成り立ち

 第1部 儀礼研究への展開 

第1章  古代時代の抜歯風習
第2章  墓室内飲食物供献と死の認定
第3章  葉佐池古墳出土人骨
第4章  殯再考
第5章  多田山古墳群出土人骨
第6章  断体儀礼考
第7章  中村1号墳における葬送儀礼

 第2部 社会論と親族論の接合と東アジアへの展開

第8章  吉母浜中世墓の親族構造
第9章  二列埋蔵墓の婚居住規定
第10章 山鹿貝塚墓地の再検討
第11章 出自表示論批判
第12章 土器が語る縄文社会
第13章 墓地から見た親族・家族
第14章 親族論からみた日本考古学
第15章 三国時代の親族関係(予察)

  第3部 聖嶽とAMS時代

第16章 聖嶽洞窟遺跡第2次調査によって何が明らかになったか
第17章 人骨からみた聖嶽洞窟の再検討
第18章 聖嶽洞窟遺跡検証報告 結語
第19章 AMS時代測定法の考古学への適用に関する諸問題

  第4部 融合研究へ

第20章 古人骨からよみがえる、甲を着た古墳人の姿

  解説

田中良之と韓国考古学---------------------------金宰賢
田中良之氏と金井東裏遺跡の調査-------------------右島和夫
田中良之の家族論・親族論と古代史学----------------吉村武彦
考古学的融合研究の地平と進路---------------------岩永省三
  ―田中良之が見ていたもの―
考古学研究に基づく先史・古代社会進化論への挑戦------舟橋京子
 

著者プロフィール

田中良之(タナカヨシユキ)

1953-2015年。熊本県荒尾市出身。
考古学・先史人類学専攻。博士(文学)。
九州大学大学院文学研究科博士課程中退後、同大学医学部解剖学第二講座助手、
文学部九州文化史研究施設比較考古学部門助教授をへて、1994年4月より同大学
大学院比較社会文化研究科基層構造講座教授。
2012-14年、日本考古学協会会長。
著書に、『古墳時代親族構造の研究』(柏書房、1995年)第5回雄山閣考古学賞受賞(1996年)、
『骨が語る古代の家族』(吉川弘文館、2008年)、
『縄文文化構造変動論―もう一人の田中良之Ⅰ―』(すいれん舎、2016年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。