版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
書院生、アジアを行く 加納 寛(編集) - あるむ
..
愛知大学東亜同文書院大学記念センター叢書

書院生、アジアを行く 東亜同文書院生が見た20世紀前半のアジア

発行:あるむ
A5判
286ページ
定価 3,000円+税
ISBN
9784863331211
Cコード
C3022
専門 単行本 外国歴史

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年3月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

第1部 総論
第1章 東亜同文書院生の大調査旅行における辺境地域調査
藤田佳久
第2章 満洲地域史研究における『東亜同文書院大旅行誌』の史料的価値
荒武達朗
第2部 北方の大調査旅行
第3章 明治末期における東亜同文書院のモンゴル大調査旅行
リジトクトフ(烏力吉陶格套)
第4章 書院生の内モンゴル中部の商業経済調査について
暁 敏
第5章 内蒙古自治区赤峰市街地の都市構造
──1910、20年代と現在の比較
高木秀和
第3部 南方の大調査旅行
第6章 四川の黒水チベット族と「子」伝承
松岡正子
第7章 『大旅行誌』の食記述にみる書院生の心情変化
──「雲南ルート」選択の意義を探る
須川妙子
第8章 『大旅行誌』の思い出に記された香港
──大正期の記述を中心に
塩山正純
第9章 書院生、東南アジアを行く!!
──東亜同文書院生の見た在留日本人
加納 寛
第4部 日本の勢力圏における大調査旅行
第10章 書院生のまなざしに映る20世紀前半満洲地域の日本人
荒武達朗
第11章 大調査旅行における書院生の台湾経験
──“近代帝国”を確認する営み
岩田晋典
第12章 日本統治下の朝鮮半島へ入った大調査旅行の書院生たち
──彼らの意識と経験を中心に
武井義和

著者プロフィール

加納 寛  (カノウ ヒロシ)  (編集

加納 寛(編者):1970年愛知県生まれ。愛知大学国際コミュニケーション学部教授。名古屋大学大学院文学研究科博士課程終了。博士(歴史学)。

上記内容は本書刊行時のものです。