版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
かくれキリシタンとは何か 中園 成生(著) - 弦書房
.
FUKUOKA U ブックレット9

かくれキリシタンとは何か オラショを巡る旅

発行:弦書房
A5判
縦210mm 横148mm
64ページ
並製
定価 680円+税
ISBN
978-4-86329-127-0
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史

出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2015年10月
書店発売日
登録日
2015年9月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2017-10-13

紹介

400年間変わらなかった信仰――現在も続くかくれキリシタン信仰の歴史とその真の姿に迫るフィールドワーク。かくれキリシタン信者は、それまで伝えてきたキリシタン信仰の形を、忠実に継承することしかできなかった。長崎・平戸とヨーロッパを結ぶ信仰の軌跡を追う。

目次

(1)平戸のキリシタン史の概要
海の道の中継地・平戸/大洋路がもたらした宗教・信仰/キリシタン時代の到来/イエズス会の過激な布教活動/松浦氏とイエズス会の確執/伴天連追放令と禁教の時代/生月の信者の経済活動

(2)かくれキリシタンの信仰とは何か
かくれキリシタン信仰における二つの系統/かくれキリシタン信者の信仰の様相/信仰並存という捉え方

(3)かくれキリシタン信仰の要素の検証
信仰のための組織/信仰対象の検証/かくれキリシタンの年中行事/かくれキリシタンの祈り、オラショ/歌われるオラショ/外海・浦上系かくれキリシタン信仰

著者プロフィール

中園 成生  (ナカゾノ シゲオ)  (

1963年福岡県生まれ。平戸市生月町博物館・島の館学芸員。熊本大学文学部(民俗学)卒業。佐賀県呼子町在職中に捕鯨史研究に取り組み、生月町(現平戸市)転職後、かくれキリシタン信仰の調査・研究にも取り組んでいる。
主な論文・著作に、『かくれキリシタンの聖画』(共著、小学館、1999)、『生月島のかくれキリシタン』(島の館、2000)、『くじら取りの系譜』(長崎新聞社、2001)、『鯨取り絵物語』(共著、弦書房、2009)など。

上記内容は本書刊行時のものです。