版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:25:"みちじいさんの話 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86261-120-8";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:309:"戦争中の尾道で、本当にあった物語。小学五年生のみっちゃんが見た、戦時下の子どもたちとそれを取り巻く人々の日常。食料や物資が少なくても、死と背中合わせでも、人々はみなたくましく生きていた。対象:小学校高学年〜";s:6:"author";s:34:"西原 通夫(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:15:"てらいんく";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"てらいんく";s:12:"release_date";i:1450969200;}

みちじいさんの話 戦争中、わしがみっちゃんだったころ

児童図書 ラノベ

西原 通夫(著), 稲田 善樹(画)
発行:てらいんく

A5判   192頁  上製
定価 1,400円+税

ISBN 978-4-86261-120-8   C8093

奥付の初版発行年月 2015年12月
書店発売日 2015年12月25日
登録日 2015年12月2日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

*  *  *  *  *
戦争中、わしは子どもじゃった。
そのころの話、聞いてくれよな。
*  *  *  *  *

戦争中の尾道で、本当にあった物語。
小学五年生のみっちゃんが見た、戦時下の子どもたちとそれを取り巻く人々の日常。
食料や物資が少なくても、死と隣り合わせでも、人々はみなたくましく生きていた……。

舞台は美しい日本遺産の街・尾道(広島県)。
太平洋戦争中、みちじいさんは“みっちゃん”と呼ばれる小学生だった。
戦後70年を迎えた今、みちじいさんがどうしても語っておきたかったこととは……?
空爆はなくても、戦争の影に色濃くおおわれていた尾道の街。
鉛筆一本を買うのにも苦労し、白いご飯をおなかいっぱい食べることも難しかった。
それでも、子どもたちは目の輝きを失わずにたくましく生き、まわりの大人たちも厳しく、温かく、かれらの成長を見守っていた。
「死」が背中合わせにありながらも誰もが懸命に「生」に向き合ったそんな時代のお話。

目次

1部 戦時中の学校で
わしの学校/一升ビンといなご/寒稽古/のうちゃんの灰かぐら事件/枕ドッジ/麦飯弁当/豚騒動/大蛙/どんのろ先生/運動靴と草履/戦争が よっちゃんを 奪ったのです

2部 地域での遊び(子ども三人組)
主要登場人物/野いちごとしょんべん/とんぼつり/古池/よっちゃんと遊んだこと/「祝」出征/周やん/のうちゃん/どじょうすくい/食いそこねた神様のどじょう/太陽ぎらぎら夕焼けこやけ

あとがき

前書きなど

たとえ頭の上に爆弾が落っこちて来なくても、
戦争をしている国は悲しいのだ。
あのときあの場所にいて、みんなで生きて暮らしていた、
命の痕跡だけは伝え残しておきましょう。
尾道のみちじいさんの少年の日の物語を、あしたの日本のために。
──映画作家・大林宣彦氏 帯文より

著者プロフィール

西原 通夫(ニシハラ ミチオ)

1933年尾道市に生まれる。尾道市在住。
広島大学大学院博士課程前期修了(教育学)
元尾道市立土堂小学校校長
元市立尾道大学(現尾道市立大学)非常勤講師
尾道児童文学研究会「おはなしのこみちの会」会員
著書 「尾道のむかし話」(民話)など
趣味 福山奇術クラブ会員

稲田 善樹(イナダ ヨシキ)

1939年、中国・旧満州生まれ。稲城市在住。
04年5月、モンゴル子供権利センターより、モンゴルの子どもたちの教育に貢献したとして、ゴールドメダルを授与された。
99年「モンゴル紀行」、01年「農する人と風景」、03年「戦禍の後に(旧ユーゴスラビア)」、05年「戦後60年—消せない記憶—」、12年「輝く太陽! グアテマラを描く 二人展」などの個展を新宿紀伊國屋で開催。

□装挿画
ダシドンドク 作・大竹桂子 訳『みどりの馬』、おおたけけいこ 作『おじいちゃんの山』、宇留賀佳代子 作『ピンク色の雲』、大竹桂子 編『百のうた 千の想い』、菊池和美 作『星になりたかったハンミョウ』、おおたけけいこ 作『ゆきおばあちゃん』(いずれも、てらいんく) 他。

上記内容は本書刊行時のものです。