版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
森のお花見 菊池和美(作) - てらいんく
....
里山の生き物たち3

森のお花見

発行:てらいんく
B5判
縦257mm 横182mm
24ページ
上製
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-86261-111-6
Cコード
C8793
児童 絵本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月
2015年3月
書店発売日
登録日
2015年2月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

里山で懸命に生きるさまざまな「命」を、優しい眼差しで描く絵本シリーズ「里山の生き物たち」の第三弾。今作は、人間たちの知らないところで開かれる、森の動物たちのお花見がテーマ。
待ちに待ったお花見の日、ヘビやカエル、リスに小鳥たち、そして幹事のタヌキくんなど、たくさんの動物や虫たちがウワミズザクラの木の下に集まってきました。今日一日だけは、みんなで仲良く過ごす約束です。ものまね大会をしたり、ごちそうを食べたり、楽しくにぎやかに過ごしていると、そこに森の王様であるオオタカが突然現れます。お花見に誘われず、怒っていたオオタカは、みんなをこらしめにきたのです。動物たちが逃げまどうなか、眠っていたウズラくんが標的に! そのとき、桜の木が思わぬ方法でウズラくんを助けてくれたのです。そして、動物たちは、桜の木にまた来年も必ずみんなでお花見に集まることを約束するのでした。

前書きなど

 春が近づくと、日本各地で桜の花がいつひらくかが大きな話題になります。長い冬が終わって暖かな春がやってくるのを、人々が心待ちにしているからです。
 春が待ち遠しいのは森の動物たちも同じです。
 春が来ると動物たちは大好きなウワミズザクラの下でお花見を繰り広げます。
 さてさてどんなお花見でしょうか?
 まちのどこかで小さな生き物たちが暮らしていることを思いやってほしい、そしてその環境がずっとずっと続いてほしい、そう願ってこの物語を書きました。
(著者 菊池和美)

著者プロフィール

菊池和美  (キクチカズミ)  (

東京都清瀬市出身、稲城市在住。東京理科大学薬学部卒、早稲田大学法学部修士課程卒。
昭和62年に「稲城の自然と子どもを守る会」を結成し、親子で稲城の自然と触れ合う活動を続ける。会の活動が第2回コカコーラ環境教育賞を受賞。その後「南山の自然を守る会」の代表を経て現在は都市農業を応援する活動や、お年寄りからの聞き書きの記録、市民劇団の脚本も手掛ける。
東京都薬用植物講師、薬剤師、4児の母。
著書 
『ふるさとむかしむかし』クロストーク、2008年
『南山の生きものたち写真集』共著、2009年
『地域農業ミュージアム』トーク出版、2011年
『星になりたかったハンミョウ』(里山の生き物たち・1)てらいんく、2013年
『ノウサギとヤマユリ』(里山の生き物たち・2)てらいんく、2014年

小山 混  (コヤマコン)  (

イラストレーター。東京生まれ、稲城市在住。立教大学経済学部卒。
ほのぼのとしたマンガタッチのイラストが得意で、新聞・雑誌にイラストを描く。青少年育成会活動を通じて子どもたちとハイキングやレクリエーションゲームをして遊ぶ。
著書に『いちばんたのしいレクリエーションゲーム』『よくわかるゴルフルール』(ともに主婦の友社)、『英語とゴルフ一石二鳥』(ゴルフダイジェスト社)ほか。
●ホームページ <小山混のイラストゴルフ塾>
http://www.ne.jp/asahi/com/koyama/

上記内容は本書刊行時のものです。