版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:19:"三日月のひと ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86261-109-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:278:"少年詩集。 季節に章分けされ、春・夏・秋・冬に各10編、最終章に春、1篇「さくらうた」。 巡りゆく季節のなか、命たちの輝きと哀しみを鮮やかに描く詩篇から生きてあることのいとおしさに気付かされる";s:6:"author";s:37:"江本 あきこ(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:15:"てらいんく";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"てらいんく";s:12:"release_date";i:1422111600;}

三日月のひと 江本あきこ詩集

江本 あきこ(著), 大井さちこ(画)
発行:てらいんく

四六判   96頁  上製
定価 1,400円+税

ISBN 978-4-86261-109-3   C8392

奥付の初版発行年月 2014年12月
書店発売日 2015年1月25日
登録日 2015年1月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

少年詩集。
春・夏・秋・冬・春に章分けされた少年詩41編。
春・夏・秋・冬に各10編、最終章、春に1篇「さくらうた」。
巡りゆく季節のなか、命たちの輝きと哀しみを鮮やかに描く詩篇から
生きてあることのいとおしさに気付かされる。

***************************************************
ねこの背に
春の陽がすわって
――おいで おいで
手まねきしている
・・・・・・
   『ねこ日和』より

秋の夜
ブナの森で
宴がはじまる
くまがチェロを弾き
きつねがピアノ
りすはハーモニカ
そして
ちょうは踊る
・・・・・・
   『晩秋』より

***************************************************

目次

■序詩 
山よ

■Ⅰ 春
春のおくるみ/水/春のおと/ねこ日和/やさしいボタン/コブシ/
ハクモクレン/ばら/ことり/野外コンサート

■Ⅱ 夏
雨の日は/デュエット/セミ/ひまわり/海のこもりうた/ホタテ貝/
イソクズガニ/炎暑のうた/真夏のセレナーデ/ツユクサ

■Ⅲ 秋
三日月のひと/ティラノサウルスのかなしみ/海/ツリガネソウ/
ねこのいちにち/ソファーのつぶやき/ヘリウム風船/不定期演奏会/
カメ/晩秋

■Ⅳ 冬
木/時間/家/さなぎ/黒猫魔術師/夕餉/冬の湖/あわ/奏でる/風よ

■Ⅴ 春
さくらうた

解説  生きてあることのいとおしさ(菊永謙)
あとがき

前書きなど

巡りゆく季節のなか、命たちの輝きと哀しみを鮮やかに描く詩篇から、生きてあるこ
とのいとおしさに気付かされる。やわらかな物語を含み持つ大井さちこの銅版画と共
鳴し始めることばの風景たち。
――菊永 謙(詩人・児童文学評論家)

版元から一言

★日本図書館協会選定図書

著者プロフィール

江本 あきこ(エモトアキコ)

1962年静岡県生まれ。
日本児童文学者協会会員。詩誌「みみずく」同人。
 (著書)
詩集「青いブーメラン」らくだ出版
共著「子どものための少年詩集」銀の鈴社
   「こだま 詩選集」洛西書院
   「いま あなたに私の詩を読んでほしいのです」たんぽぽ出版

大井さちこ(オオイサチコ)

1962年東京都生まれ。
小学校のころから山本日子士良氏に油彩画を学ぶ。
子どもの誕生を機に絵本作りや銅版画をはじめ、グループ展などに出品。
エッチングにやわらかな彩色を施し、物語を持つ小さな世界が注目される。
挿絵に詩集「ねこの秘密」「原っぱの虹」(いしずえ)、「風のシンフォニー」(てらいんく)等多数。

上記内容は本書刊行時のものです。