版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:28:"第一番に捕虜になれ ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86228-091-6";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1615:"「めめしさ」の排除が、帝国日本を終焉へと向かわせた── 鈴木邦男氏(元一水会顧問・評論家)推薦! ──「我が意を得たりで、一気に読みました」 「長い間、愛国運動をやってきたつもりだ。でも知らなかった。僕達の『愛し方』が間違っていたのだ。 『雄々しさ』だけを追い求め、『めめしさ』なんか忘れていた。でも昔はあったのだ。 弱者へのいたわり、自分と自国への謙虚な反省。それがなかったら、『愛』ではない。 もっと早く教えてほしかった! 」 軍歌『戦友』の封印や、「捕虜になるなら切腹」など、昭和十年以降の日本は 「めめしさ」を排除し、「雄々しさ」一辺倒に舵を切ってきた しかし、明治以降の日本において、両者は両輪の関係としてバランスを保ち続けてきたはずのものだった。 「反国家的」「軟弱」なものとして排除されながらも、生き残り続けてきた「めめしさ」の軌跡を追う。 ・日露戦争へ向かう息子の行進に付き添い4キロの道を歩いた老母の「一太郎やあい」 ・徳富蘆花の『不如帰』の大ヒット ・男女の別れのつらさを歌う『カチュウシャの歌』の流行 ・事故の責任をとり、自らも鉄道自殺をして詫びた二人の踏切番 ・強盗殺人の被害者となった妻の後を追って自害したドイツ人将校 ・酷使されるアメリカ人捕虜を見て「お可哀想に」と言った夫人";s:6:"author";s:19:"清永 孝(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"青灯社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"青灯社";s:12:"release_date";i:1482159600;}

第一番に捕虜になれ 帝国日本と「めめしさ」

清永 孝(著)
発行:青灯社

四六判   244頁  並製
価格 1,600円+税

ISBN 978-4-86228-091-6   C0021
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2016年12月
書店発売日 2016年12月20日
登録日 2016年11月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「めめしさ」の排除が、帝国日本を終焉へと向かわせた──

鈴木邦男氏(元一水会顧問・評論家)推薦! ──「我が意を得たりで、一気に読みました」
「長い間、愛国運動をやってきたつもりだ。でも知らなかった。僕達の『愛し方』が間違っていたのだ。
『雄々しさ』だけを追い求め、『めめしさ』なんか忘れていた。でも昔はあったのだ。
弱者へのいたわり、自分と自国への謙虚な反省。それがなかったら、『愛』ではない。
もっと早く教えてほしかった! 」

軍歌『戦友』の封印や、「捕虜になるなら切腹」など、昭和十年以降の日本は
「めめしさ」を排除し、「雄々しさ」一辺倒に舵を切ってきた
しかし、明治以降の日本において、両者は両輪の関係としてバランスを保ち続けてきたはずのものだった。
「反国家的」「軟弱」なものとして排除されながらも、生き残り続けてきた「めめしさ」の軌跡を追う。

・日露戦争へ向かう息子の行進に付き添い4キロの道を歩いた老母の「一太郎やあい」
・徳富蘆花の『不如帰』の大ヒット
・男女の別れのつらさを歌う『カチュウシャの歌』の流行
・事故の責任をとり、自らも鉄道自殺をして詫びた二人の踏切番
・強盗殺人の被害者となった妻の後を追って自害したドイツ人将校
・酷使されるアメリカ人捕虜を見て「お可哀想に」と言った夫人

著者プロフィール

清永 孝(キヨナガ タカシ)

清永 孝 (きよなが・たかし)
1929年熊本県生まれ。52年九州大学法学部卒業。
57年九州朝日放送入社、番組制作に携わる。89年退職、日本近代史の研究を開始する。
著書『裁かれる大正の女たち』(中公新書)、『良妻賢母の誕生』(ちくま新書)

上記内容は本書刊行時のものです。