版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:37:"自分で考える集団的自衛権 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86228-076-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:515:"元防衛官僚、現場を知る第一人者が日本の若者たちへおくる、自ら考えるための安全保障論。 集団的自衛権行使の危険性と日本のおかれた現状を考察する。  ・無人の尖閣列島をなぜ中国と争うのか  ・日米同盟による「同盟疲れ」の状況下で、米国追随をどこまで続けるのか  ・いま米中が戦えば、日本はどうなるか  ・守るべき「ジャパン・ブランド」の国際協力と国家像。";s:6:"author";s:21:"柳澤協二(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"青灯社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"青灯社";s:12:"release_date";i:1413471600;}

自分で考える集団的自衛権 若者と国家

社会一般 ラノベ

柳澤協二(著/文)
発行:青灯社

四六判   224頁  並製
定価 1,400円+税

ISBN 978-4-86228-076-3   C0031
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2014年10月
書店発売日 2014年10月17日
登録日 2014年10月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

元防衛官僚、現場を知る第一人者が日本の若者たちへおくる、自ら考えるための安全保障論。
集団的自衛権行使の危険性と日本のおかれた現状を考察する。
 ・無人の尖閣列島をなぜ中国と争うのか
 ・日米同盟による「同盟疲れ」の状況下で、米国追随をどこまで続けるのか
 ・いま米中が戦えば、日本はどうなるか
 ・守るべき「ジャパン・ブランド」の国際協力と国家像。

目次

1. 第一歩からの安全保障
2. 尖閣問題をどう考えるか
3. 尖閣で何が起きるか
4. 北朝鮮のミサイルをどう考えるか
5. 日米同盟のバカの壁
6. 同盟疲れ
7. 官僚と政治家
8. 国家像が見えない安倍政権
9. ジャパン・ブランドを求めて
10. 集団的自衛権と日本の将来

著者プロフィール

柳澤協二(ヤナギサワキョウジ)

1946年東京生まれ。70年東京大学法学部卒業、防衛庁(当時)に入庁。
防衛審議官、防衛庁長官官房長などを経て、2002年防衛研究所所長。
04~09年まで、小泉、安倍、福田、麻生政権で内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)。
現在、NPO法人「国際地政学研究所」理事長。
著書『亡国の安保政策―安倍政権と「積極的平和主義」の罠』『検証 官邸のイラク戦争―元防衛官僚による批判と自省』(以上、岩波書店)『抑止力を問う』(共著、かもがわ出版)ほか

上記内容は本書刊行時のものです。