版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:34:"魂の脱植民地化とは何か ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86228-060-2";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1009:"●叢書の第1弾。「魂の植民地化」とは、自由なはずの魂の活動が、人間社会によって呪縛され、本来の自分を発揮できない状態のこと。 国家による植民地化だけでなく、親や学校、共同体、社会の空気・思想などが個人の魂を呪縛し植民地化する。 ●その働きをを解明し、偽装した自分によって、本来の情動や感情がいかにおさえられているか、明らかにする。 著者のゼミの学生たちが、この理論を応用して、性的マイノリティや「よい子」の呪縛から解放されていくプロセスも紹介。 ●原発のフクシマでは、子供を連れた県外脱出者を追いつめている共同体の呪縛を考える。 ●宮崎駿監督の『ハウルの動く城』を脱植民地化論で鮮やかに読み解く。 ●従来の客観主義ではなく、自らの魂の生きる社会、それを見据える新しい学問を提案する。";s:6:"author";s:21:"深尾葉子(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"青灯社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"青灯社";s:12:"release_date";i:1348671600;}

叢書 魂の脱植民地化 1

魂の脱植民地化とは何か

社会一般 ラノベ

深尾葉子(著/文)
発行:青灯社

四六判   310頁  並製
定価 2,500円+税

ISBN 978-4-86228-060-2   C0036
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2012年9月
書店発売日 2012年9月27日
登録日 2012年9月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

●叢書の第1弾。「魂の植民地化」とは、自由なはずの魂の活動が、人間社会によって呪縛され、本来の自分を発揮できない状態のこと。
国家による植民地化だけでなく、親や学校、共同体、社会の空気・思想などが個人の魂を呪縛し植民地化する。
●その働きをを解明し、偽装した自分によって、本来の情動や感情がいかにおさえられているか、明らかにする。
著者のゼミの学生たちが、この理論を応用して、性的マイノリティや「よい子」の呪縛から解放されていくプロセスも紹介。
●原発のフクシマでは、子供を連れた県外脱出者を追いつめている共同体の呪縛を考える。
●宮崎駿監督の『ハウルの動く城』を脱植民地化論で鮮やかに読み解く。
●従来の客観主義ではなく、自らの魂の生きる社会、それを見据える新しい学問を提案する。

目次

第1部 私自身のプロセスからの考察
1 魂の植民地化とは何か―呪縛・憑依・蓋
2 魂の遍歴―日本における文革体験と中国でのフィールドワーク
第2部 魂の脱植民地化理論の新展開
3 ゼミ学生とのやりとりによる概念の発展
4 「魂の脱植民地化」研究の展開
第3部 魂の植民地化・脱植民地化研究の応用
5 『ハウルの動く城』に見る魂の脱植民地化過程
6 フクシマ・ディアスポラ―ゆがめられた言説が生む苦悩と葛藤
終章 魂の脱植民地化に向けて―「蓋」と「箱」の構造

著者プロフィール

深尾葉子(フカオヨウコ)

深尾葉子(ふかお・ようこ)
1963年、大阪府に生まれる。
1987年、大阪市立大学大学院前期博士課程東洋史専攻修了。現在、大阪大学大学院経済学研究科准教授
著書『現代中国の底流―痛みの中の近代化』(共編、行路社)『黄土高原の村―音・空間・社会』(共著、古今書院)
『「満洲」の成立―森林の消尽と近代空間の形成』(共編、名古屋大学出版会)

上記内容は本書刊行時のものです。