版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:28:"今夜も赤ちょうちん ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86228-031-2";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:305:" 毎日新聞夕刊の同名の人気コラム「今夜も赤ちょうちん」より厳選79話を収録。酒と人間を愛する著者が自らも呑んで、食べて、しゃべって、酔眼を通して見た赤ちょうちん――「とてつもなく美しい」日本、ここにあり。 ";s:6:"author";s:24:"鈴木 琢磨(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"青灯社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"青灯社";s:12:"release_date";i:1246028400;}

今夜も赤ちょうちん

文芸 ラノベ

鈴木 琢磨(著/文)
発行:青灯社

B6変型判    並製
定価 1,500円+税

ISBN 978-4-86228-031-2   C0095
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2009年6月
書店発売日 2009年6月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

毎日新聞夕刊の同名の人気コラム「今夜も赤ちょうちん」より厳選79話を収録。
100年に一度の経済危機下でも、赤ちょうちん族にはチエがある。日本の居酒屋は、きりないほどの不平不満も、笑いも、悲哀も、スポンジのように吸い込んでくれるコミュニティー。
四季折々こだわりの肴に、人気者のおかみさん、居合わせたお客さんたちも個性豊かに彩りを添えて、リアルな市井の人間ドラマを繰り広げている。
酒と人間を愛する新聞記者が、自らも呑んで、食べて、しゃべって、酔眼を通して見た赤ちょうちん――「とてつもなく美しい」日本、ここにあり。

目次

第1夜【門前仲町】モツ煮込みの至福
第2夜【十条】ポテサラの山、崩しながら
第3夜【歌舞伎町】ソクラテスの鳥皮
呑んべえ列伝① 暉峻康隆さん(国文学者)
第4夜【渋谷南口】「駄菓子屋」でハムカツ
第5夜【赤羽】荷風気取って、鯉に酔い
第6夜
【西武・中井駅】ぷりぷりホヤ酢にシェー
呑んべえ列伝② 都はるみさん(歌手)
第7夜【自由が丘】酒学校で赤心のおから
第8夜【神保町】うちわパタパタ、炒豆腐
第9夜【大塚】さっとあぶって粋にクサヤ
呑んべえ列伝③ 田村隆一さん(詩人)
第10夜【歌舞伎町】そびえる「オールグリーン」
第11夜【銀座】モテモテはトマビだった
呑んべえ列伝④ 吉行淳之介さん(作家)
第12夜【新橋】たぬき豆腐、バッチグ
第13夜【三鷹駅北口】とろっと、健さんのモツ焼き
第14夜【吉祥寺】別れの焼き鳥
呑んべえ列伝⑤ 永沢光雄さん(フリーライター)
第15夜【恵比寿】うまみそのまま〆サバ
第16夜【王寺駅北口】ふふふ。大道さんと銀だら
第17夜【目白】超穴場、ハクサイでちびり
第18夜【新川】ブンヤの哀歓、京風牛皿
第19夜【三ノ輪】平さん、最後のいも天
呑んべえ列伝⑥ 吉村平吉さん(元祖風俗ライター)
第20夜【神戸・元町】街を癒した湯豆腐
第21夜【京都・先斗町】迷わず「ぴりっ」と大名だき
第22夜【鴬谷】オカンのぽかぽか「天くし」
第23夜【早稲田】学生街の懐かしオムライス
第24夜【桜木町】「三杯屋」のタラ豆腐
呑んべえ列伝⑦ 司馬遼太郎さん(作家)
第25夜【浅草橋】生レバーにニンニクみそ
第26夜【阿佐ヶ谷】井伏鱒二と焼きポテサラ
第27夜【高田馬場】美味し国の手こねずし
第28夜【銀座七丁目】夏彦翁と焼きビーフン
呑んべえ列伝⑧ 山本夏彦さん(辛口コラムニスト)
第29夜【京都・西陣】母思い、グジの塩焼き
第30夜【中野】サトウハチローの玉手箱
第31夜【京都・高瀬川】天然ものでいい雲古
第32夜【葛飾柴又】「レッド春」で寅さん思う
第33夜【ゴールデン街】バーボンで浸る阿久悠
第34夜【渋谷駅南口】初サンマと昭和の歌声
呑んべえ列伝⑨ サイデンステッカーさん(日本文学研究者)
第35夜【湯島】「美しい国」しみじみと
第36夜【荻窪】不易の酒場に看板娘
第37夜【木場】詩人と聖地でホッピー
第38夜【東大前】人生はおでんの如し
第39夜【大久保】ディープ新宿の神楽坂
第40夜【大阪・道頓堀】食い倒れ、ケチやおまへん
第41夜【神楽坂】グッバイちょんまげ俳人
第42夜【祖師ケ谷大蔵】キーヨと赤みそどて煮
第43夜【大阪・谷町】時鐘さんのスープ
第44夜【高田馬場】燗あがりにみそシチュー
第45夜【番外編】ソウル七〇~八〇年代の熱気求め、ほろ酔いの旅
第46夜【日本橋】フナ寿しで「三方よし」
第47夜【大阪・九条】「泥の河」的世界で「温酒」
第48夜【千束】路地裏記者とシューマイ
第49夜【大山】続けてます、補身湯
第50夜【虎ノ門】霞が関の「出世酒場」
第51夜【荻窪】江戸の暗闇で茶わん酒
第52夜【番外編】“愉快に優雅に”、夢の八時間半
――寝台急行「銀河」さよなら乗車記
第53夜【神保町】俳句つまみにもう一杯
第54夜【新宿花園神社】最後の「記者魂」抱えて
呑んべえ列伝⑩ 団 鬼六さん(作家)
第55夜【新橋】壁一面の「角」に酔う
第56夜【京橋二丁目】叶姉妹が焼き鳥屋?
第57夜【新宿駅東口】七〇年代の余熱、消さないで
第58夜【東大阪】ディープな参鶏湯
第59夜【大阪・鶴橋】エイ肝とろり、陶然
第60夜【神楽坂】秘密基地の伝声管
第61夜【人形町】天国のチャコちゃんへ
呑んべえ列伝⑪ 佐々木久子さん(随筆家)
第62夜【都立家政】キャプテンと酒場浴
第63夜【門前仲町】あかね空の送別会
第64夜【高円寺】純情裏通りに銀座の味
第65夜【歌舞伎町】「美しい冒険」のネコごはん
呑んべえ列伝⑫ 福富太郎さん(キャバレー経営者)
第66夜【渋谷】雨の夜のお月さん
第67夜【日本橋浜町】夢に出てくるつくね
第68夜【浅草】愛すべきガタピシ
第69夜【荻窪】磁力の中心に鳥刺しあり
第70夜【荻窪】「遠ちゃん」しみじみ燗酒
第71夜【東十条】モツ焼きロックンロール
第72夜【竹橋】インキの香りであおり酒
第73夜【武蔵小山】ホルモンヌとタケさん
第74夜【四条河原町】シンプル茶漬けに人生考察
第75夜【四ツ木】おもろいなあ、コの字巡礼
第76夜【神楽坂】げそ天つまみ「おんな坂」
第77夜【芝浦】オモニのバラック酒場
第78夜【高田馬場】「神田川」をもう一度
呑んべえ列伝⑬ 喜多條忠さん(作詞家・小説家)
最終夜【月島】右も左も酔い泣きして
あとがきに代えて 政治家さん、赤ちょうちんへ急げ

上記内容は本書刊行時のものです。