版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:40:"英単語イメージハンドブック ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86228-025-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1006:"ついに登場! これ一冊にまとまった英語学習者の必携の本 冠詞、基本動詞、助動詞、前置詞など、基本語彙をどう身につけるかが英語能力を左右する。たくさんの日本語訳をもつそれぞれの基本単語を丸暗記しても際限がない。身にもつかない。どの単語にもある中心的な感触、イメージをつかむこと。それが英語上達の決め手だ。 英語界の鬼才・大西泰斗による「イメージの英語学習」。これまでさまざまな著書に分散していた基本語彙の重要イメージを一冊にまとめた待望の書。英語学習者の必携。 [内容]冠詞、基本動詞、助動詞、前置詞、接続詞、時制、副詞、代名詞ほか(例、theは「1つに決まる」ときに使う、goは「元の場所から離れていく」イメージ、thatは「指す」から「導く」イメージ、現在完了は「迫ってくる」感覚など) ";s:6:"author";s:31:"大西泰斗(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:9:"青灯社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"青灯社";s:12:"release_date";i:1223046000;}

英単語イメージハンドブック

語学・辞事典 ラノベ

大西泰斗(著), ポール・マクベイ(著)
発行:青灯社

四六変型判   256頁  並製
定価 1,800円+税

ISBN 978-4-86228-025-1   C1082
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2008年10月
書店発売日 2008年10月4日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ついに登場! これ一冊にまとまった英語学習者の必携の本
冠詞、基本動詞、助動詞、前置詞など、基本語彙をどう身につけるかが英語能力を左右する。たくさんの日本語訳をもつそれぞれの基本単語を丸暗記しても際限がない。身にもつかない。どの単語にもある中心的な感触、イメージをつかむこと。それが英語上達の決め手だ。
英語界の鬼才・大西泰斗による「イメージの英語学習」。これまでさまざまな著書に分散していた基本語彙の重要イメージを一冊にまとめた待望の書。英語学習者の必携。

[内容]冠詞、基本動詞、助動詞、前置詞、接続詞、時制、副詞、代名詞ほか(例、theは「1つに決まる」ときに使う、goは「元の場所から離れていく」イメージ、thatは「指す」から「導く」イメージ、現在完了は「迫ってくる」感覚など)

目次

Chapter 1. 名詞関連のイメージ
数えられる・数えられない
単数・複数
英語の冠詞類
■無冠詞 ■THE ■A/AN ■ALL ■EVERY ■EACH ■ANY ■SOME ■SEVERAL ■NO
Chapter 2. 動詞関連のイメージ
1.移動に関わる基本動詞
■GO ■COME ■「移動」をあらわすその他の動詞
2.入手・授与をあらわす基本動詞
■TAKE ■GET ■「入手」をあらわすその他の動詞 ■GIVE ■「授与」をあらわすその他の動詞
3.創造をあらわす基本動詞
■MAKE ■「創造」をあらわすその他の動詞
4.状態・位置にかかわる基本動詞
■HAVE ■「所有」をあらわすその他の動詞 ■PUT ■「配置」をあらわすその他の動詞
5.対人・コミュニケーションに関わる基本動詞
■SPEAK ■TALK ■「話し合い」をあらわすその他の動詞 ■SAY ■TELL ■ASK
■「相手への働きかけ」をあらわすその他の動詞 ■LET ■「許可」をあらわすその他の動詞
6.知覚・思考に関わる基本動詞
■LOOK ■WATCH ■SEE ■LISTEN ■HEAR ■「5感」をあらわすその他の動詞 ■FIND ■「見つける・気づく・わかる」をあらわすその他の動詞 ■KNOW ■THINK ■BELIEVE ■「思う」「信じる」をあらわすその他の動詞 ■WHAT ■思考をあらわすその他の動詞
Chapter 3. 助動詞関連のイメージ
■MUST ■MAY ■CAN ■WILL ■SHALL ■SHOULD ■HAVE TO ■BE GOING TO ■HAD BETTER (HAD BEST) ■USED TO
Chapter 4. 前置詞関連のイメージ
■ABOUT ■ABOVE ■ACROSS ■AFTER ■AGAINST ■ALONG ■AMONG ■(A)ROUND ■AT ■BEFORE ■BEHIND ■BETWEEN ■BEYOND ■BY ■DURING ■FOR ■FROM ■IN ■INTO ■OF   ■ON ■OVER ■TO ■TOWARD(S) ■THROUGH ■UNDER ■WITH ■WITHIN ■WITHOUT
Chapter 5. 接続詞関連のイメージ
■AND ■OR ■BUT ■SO ■BECAUSE ■SINCE ■AS ■THOUGH・ALTHOUGH ■IF ■WHETHER   ■WHEN ■WHILE
Chapter 6. ときのイメージ
現在形 過去形 (現在・過去)進行形 現在完了形 完了形バリエーション
Chapter 7. 重要なその他の表現
強調表現 頻度表現 可能性表現 副詞
■JUST ■EVER ■EVEN ■ALREADY ■YET ■NO ■THERE(+BE)
代名詞
■THAT ■IT

著者プロフィール

大西泰斗(オオニシヒロト)

現在、東洋学園大学教授。筑波大学大学院博士課程修了。
英語学専攻。オックスフォード大学言語研究所客員研究員を経る。
ポール・マクベイ氏との共書『ネイティブスピーカーズシリーズ』(研究社)、
『ハートで感じる英文法』(NHK出版)他。

ポール・マクベイ(ポール・マクベイ)

現在、麗澤大学教授。オックスフォード大学で修士号を取得。

上記内容は本書刊行時のものです。