版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:31:"「よい子」が人を殺す ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86228-024-4";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:318:"なぜアキハバラ無差別殺傷事件が発生したのか。犯人は、かつての非行少年ではなく、いずれも非行歴のない「よい子」、成績優秀だった若者というのが著しい特徴だ。その原因はなにか。教育観・子ども観等の見直しのなかで考える。";s:6:"author";s:21:"尾木直樹(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"青灯社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"青灯社";s:12:"release_date";i:1219762800;}

「よい子」が人を殺す なぜ無差別殺人・家庭内殺人が続発するのか

社会一般 ラノベ

尾木直樹(著)
発行:青灯社

四六判   245頁  並製
定価 1,800円+税

ISBN 978-4-86228-024-4   C1036
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2008年8月
書店発売日 2008年8月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

[なぜアキハバラ無差別殺傷事件が発生したのか]
先日の秋葉原通り魔事件のような、青少年による無差別殺人や家庭内殺人が続発している。犯人は、かつての非行少年ではなく、いずれも非行歴のない「よい子」、成績優秀だった若者というのが著しい特徴だ。これらの原因はなにか。二極化する格差社会、「負け組」にならないよう、孤立したカプセル家族内の内圧が極限化した結果の親殺し、その怒りが社会に向かうと無差別殺人に至る。これら若者殺人の背景、克服する道を、<格差社会><カプセル家族>や教育観・子ども観等の見直しのなかで考える。

版元から一言

07年6月、学研新書として刊行され、発売10日で回収された『カプセル家族の危機』の大幅増補改訂版。
今年になって起きた「アキハバラ事件」や無差別殺人事件を加筆。

著者プロフィール

尾木直樹(オギナオキ)

現在教育評論家、臨床教育研究所「虹」所長、法政大学キャリアデザイン学部教授、早稲田大学大学院客員教授。
1947年、滋賀県に生まれる。早稲田大学教育学部卒業後、海城高校、東京都公立中学校教師を経る。
著書:『学校は再生できるか』(NHKブックス)『思春期の危機をどう見るか』『子どもの危機をどう見るか』(以上、岩波新書)
『新・学歴社会がはじまる』『日本人はどこまでバカになるのか』(以上、青灯社)
『教師格差』(角川書店)ほか

上記内容は本書刊行時のものです。