版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:46:"日本人はどこまでバカになるのか ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86228-021-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:895:"[日本人の頭脳が劣化していく] 国際調査で日本人15歳の学力がさらに低下していることが判明した。生きる力、日常生活の課題にどれだけ知識や技能を活用できるか調べるもので、日本の詰めこみ型受験学力は役立たない。 一方、フィンランドはこの活用力を育てる、ゆとりある大胆な教育改革を行い、いまや総合でトップ、経済の国際競争力もトップランクに躍り出た。 現場の豊富な体験をふまえた教育論の第一人者が、発想転換のできない文科省の新学習指導要領や全国一斉学力テスト等を、フィンランドの例や自らの教育実践・思想をもとに鋭く批判し、国際社会に取り残されない、生きる力を育てる教育改革や家庭での子育てのあり方を提言する。 ";s:6:"author";s:21:"尾木直樹(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"青灯社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"青灯社";s:12:"release_date";i:1207321200;}

青灯社ブックス2

日本人はどこまでバカになるのか 「PISA型学力」低下

教育 ラノベ

尾木直樹(著)
発行:青灯社

B6変型判    上製
定価 1,500円+税

ISBN 978-4-86228-021-3   C1037
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2008年4月
書店発売日 2008年4月5日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

[日本人の頭脳が劣化していく]
国際調査で日本人15歳の学力がさらに低下していることが判明した。生きる力、日常生活の課題にどれだけ知識や技能を活用できるか調べるもので、日本の詰めこみ型受験学力は役立たない。
一方、フィンランドはこの活用力を育てる、ゆとりある大胆な教育改革を行い、いまや総合でトップ、経済の国際競争力もトップランクに躍り出た。
現場の豊富な体験をふまえた教育論の第一人者が、発想転換のできない文科省の新学習指導要領や全国一斉学力テスト等を、フィンランドの例や自らの教育実践・思想をもとに鋭く批判し、国際社会に取り残されない、生きる力を育てる教育改革や家庭での子育てのあり方を提言する。

目次

  まえがき
Ⅰ これでは学力は本当に低下する
  ――PISA調査結果からわかること
  はじめに
1 どんな学力がどう低下しているのか
2 PISA調査結果報告にみる、学力に関する誤解
3 PISA調査から分かった、日本の学力観の問題点
4 保護者の期待と学力政策、学校現場の実態のズレ
  
Ⅱ 「学力低下」への道、全国一斉学力テスト
  ――テストによる競争依存症の弊害
  はじめに
1 第一回「全国一斉学力テスト」の結果分析
2 「全国一斉学力テスト」――実施の経緯と背景
3 全数調査によるテスト競争
4 「全国一斉学力テスト」――今後の心配と危険性
    
Ⅲ フィンランドの教育と日本
  はじめに
1 教育にかけるフィンランドの基本的教育制度
2 「人生のための学校」という理念
3 一人を大切にし、本気で学力と進路を保障
4 競争も通知表も廃止
5 「社会のロウソク」としての教師
  
Ⅳ 学力問題六つの謎とその回答
  はじめに
1 「2011年度新学習指導要領」で、学力は上がるの?
2 教える内容の増大と難問化で学力は上がるの
3 習熟度別授業で学力は上がるの?
4 競争すると学力は上がるの?
5 小学校の「英語活動」で英語が話せる?
6 塾講師でないと「できる子」を伸ばせないのか

終 学力再生への構想
  はじめに
1 学力獲得に関する質を転換せよ
2 家族共同体の歴史的復活を

上記内容は本書刊行時のものです。