版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:16:"ハイデガー ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86228-018-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:375:"存在の頼りなさ ハイデガーが言うように薔薇の花は、その理由とも証拠とも無関係に咲いている。それどころか、われわれ自身の存在にもまた理由や証拠は必要ない。それでは存在とはいったいどういうことなのか、それを明らかにしようとしたのがハイデガーの生涯だった。 ";s:6:"author";s:19:"貫 成人(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"青灯社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"青灯社";s:12:"release_date";i:1196002800;}

入門・哲学者シリーズ

ハイデガー すべてのものに贈られること:存在論

貫 成人(著)
発行:青灯社

B6判   135頁  上製
定価 1,000円+税

ISBN 978-4-86228-018-3   C1010
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2007年11月
書店発売日 2007年11月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

存在の頼りなさ
ハイデガーが言うように薔薇の花は、その理由とも証拠とも無関係に咲いている。それどころか、われわれ自身の存在にもまた理由や証拠は必要ない。それでは存在とはいったいどういうことなのか、それを明らかにしようとしたのがハイデガーの生涯だった。

目次

存在の頼りなさーーまえがき
第一章 存在への問い
 1 伝統的ヨーロッパ哲学における「本質」と「存在」
  (1) 「本質」「偶有性」 
  (2)「存在」
 2 ハイデガーの問い
  (1) 「ある」とはどういうことか 
  (2) 「存在の意味」への問い
第二章 非本来性:日常において見失われる自分
 1 「現存在」
  (1) 「道具連関」
  (2) 「世界」
  (3) デカルト主義の大略 
  (4) ハイデガーのデカルト批判
 2 「世界-内-存在」のあり方
  (1) 道具連関の最終目的 
  (2) 「ひと」:現存在の交換可能性
第三章 本来性:自分の完全なあり方
 1 現存在の「かけがえのなさ」
  (1) 現存在の交換不可能性 
  (2) 死へ向かう存在
  (3) 現存在の全体性 
(4) 死の忘却
(5) 死の忘却メカニズム 
(6) 死をめぐるヨーロッパ哲学
 2 現存在の本来性
  (1) 日常からの脱却:良心 
(2)現存在の時間:非本来性
(3) 本来性における過去:被投性 
(4) 現存在の将来:企投性 
(5) 現存在の現在 
(6) キルケゴールの実存思想 
(7) 無をまえにした不安
3 実存主義と存在への問い
(1) サルトルの実存主義 
(2) サルトルとハイデガー
第四章 転回以後:存在の隠蔽
1 物、道具、芸術作品
(1) 認識活動と物 
(2) デカルト批判再び
(3) 芸術作品へ 
(4) 世界と大地
(5) 開示・現前と隠蔽・非現前の相互貫通 
(6) 存在の真理
2 存在に聴き従うこと
(1) デカルトと人間中心主義 
(2) 存在の贈与
(3) おわりに
あとがき

著者プロフィール

貫 成人(ヌキシゲト)

現在、専修大学文学部教授
1956年、神奈川県に生まれる。
1985年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。
現象学をはじめとする現代哲学、歴史理論、舞踊美学を研究。
著書に『図解雑学 哲学』(ナツメ社)、『哲学マップ』(ちくま新書)、『哲学ワンダーランド』(PHP)、『経験の構造:フッサール現象学の新しい全体像』(勁草書房)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。