版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:12:"上杉謙信";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86215-174-2";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:414:"戦国時代の武将で上杉謙信の知名度は高い。だが、謙信の歴史像はわからないことがあまりに多すぎる。本書では、史料の新たな年次比定や新出史料をもとに、これまでの俗説をくつがえし、定説の再検討に迫る。通史の概説書ではなく、人物史でもない、いま問うことのできる謙信像を、ここに提示する。";s:6:"author";s:30:"福原圭一(編集)…他1名";s:10:"publishers";s:12:"高志書院";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"高志書院";s:12:"release_date";i:1510671600;}

上杉謙信

歴史・地理 ラノベ

福原圭一(編集), 前嶋 敏(編集)
発行:高志書院

A5判   300頁 
定価 6,000円+税

ISBN 978-4-86215-174-2   C1021

書店発売日 2017年11月15日
登録日 2017年10月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

戦国時代の武将で上杉謙信の知名度は高い。だが、謙信の歴史像はわからないことがあまりに多すぎる。本書では、史料の新たな年次比定や新出史料をもとに、これまでの俗説をくつがえし、定説の再検討に迫る。通史の概説書ではなく、人物史でもない、いま問うことのできる謙信像を、ここに提示する。

目次

  Ⅰ 統治と信仰
景虎の権力形成と晴景……………………前嶋 敏(新潟県立歴史博物館専門研究員)
謙信の家族・一族と養子たち……………片桐昭彦(東京大学地震研究所特任研究員)
戦国期の越後守護所………………………森田真一(群馬県立歴史博物館学芸員)
謙信の揚北衆支配…………………………阿部哲人(米沢市上杉博物館主任学芸員)
謙信が信仰した異形の神…………………竹下多美(長野市立博物館)
不識庵御堂と謙信の神格化………………今福 匡(米沢温故会会員)

  Ⅱ 戦争と外交
「川中島合戦」と室町幕府………………村石正行(長野県立歴史館文献史料課学芸員)
謙信と関東管領……………………………田嶋悠佑(新潟市歴史博物館学芸課)
上杉謙信の雪中越山………………………簗瀬大輔(群馬県立歴史博物館補佐)
上杉謙信の北陸出兵………………………萩原大輔(富山市郷土博物館主任学芸員)
上杉謙信と城………………………………福原圭一(上越市公文書センター上席学芸員)
豊臣政権と上杉家…………………………矢部健太郎(國學院大學文学部教授)

著者プロフィール

福原圭一(フクハラケイイチ)

福原 圭一(ふくはら けいいち)
1968年生れ、上越市公文書センター上席学芸員
〔主な著書論文〕
「戦国時代の戦争と『国境』」(地方史研究協議会第67回(妙高)大会成果論集『信越国境の歴史像-「間」と「境」の地方史』雄山閣)
「『直江状』と上杉景勝政権のインフラ整備」(藤原良章編『中世人の軌跡を歩く』高志書院)
「『越後国郡絵図』にみる交通体系と『町』」(五味文彦・小野正敏編『開発と災害 中世都市研究14』新人物往来社)

前嶋 敏(マエシマサトシ)

前嶋 敏(まえしま さとし)
1971年生れ、新潟県立歴史博物館専門研究員
〔主な著書論文〕
「戦国期越後における竪切紙の発給文書について―永正~天文期の長尾上杉氏を中心として―」(湯山賢一編『古文書料紙論叢』勉誠出版)
「上杉輝虎発給文書の花押とその変更」(『新潟史学』73)
「戦国期越後における長尾晴景の権力形成―「伊達時宗丸入嗣問題」を通して―」(『日本歴史』808)

上記内容は本書刊行時のものです。