版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「出会い」という名の劇場 岡田正子(著/文) - 春風社
..

「出会い」という名の劇場 演劇に生きて

発行:春風社
四六判
286ページ
定価 2,100円+税
ISBN
9784861105517
Cコード
C0074
一般 単行本 演劇・映画

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年5月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

長年フランス演劇の演出・翻訳を手がける著者が綴る、演技メソッド「ベラ・レーヌ・システム」の秘訣や、多彩な劇界の人々との交流。

目次

はじめに
〈第一章〉ベラとともに
 心のなかのせりふ
 日本でのベラの歩み
 ベラ・システムによる作品へのアプローチ
〈第二章〉さまざまな出会い
 坂東玉三郎――舞台の魔術
 深川定次――超一流の職人
 ジャン・ルイ・バローと観世寿夫――遠大なビジョン
 二コラ・バタイユのプロフィール――ベラ・システムの立証
 不条理劇に対する二コラ・バタイユの解決法――様式・技法・想像力
〈第三章〉『私は太田、広島の川――朝は、夜の闇に包まれた』を巡って
  『私は太田、広島の川』を支えてくれた人たち
 アレーグルの劇的構造
 最後の役作り――追悼・西本裕行
 土地の力を借りて――『私は太田、広島の川』広島公演
 上演台本:『私は太田、広島の川――朝は、夜の闇に包まれた』
 岡田正子略歴
おわりに

著者プロフィール

岡田正子  (オカダマサコ)  (著/文

岡田正子(おかだ・まさこ)
演出家・翻訳家。一九二九年、東京生まれ。文化学院(大学部文科)卒。一九五二年に渡仏、ベラ・レーヌ女史に師事し、ベラ・レーヌ・システム(演技の基礎訓練)の指導を許可される。
帰国後、宝塚歌劇団等での演劇講師や、フランス戯曲の本邦初演作品の翻訳・演出など、精力的に活動。一九九六年にフランス政府より芸術文化勲章(シュヴァリエ)を、二〇一一年にフランスのSACD(劇作家・劇作曲家協会)よりボーマルシェ賞(メダル)を授与される。
主な著書に『ベラ・レーヌ・システム』(フランス演劇クレアシオン)、『ふり返れば革命人生―パリのいろどり―』(カモミール社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。