版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:46:"「失われた二〇年」からの逆照射 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86014-085-4";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:234:"「失われた二〇年」の解剖=戦後日本資本主義とはなんだったのか。「限界集落」「過労死」「非正規労働」という事象に逆照射をかけ、日本資本主義の構造をあぶり出す。";s:6:"author";s:22:"涌井 秀行(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"八朔社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"八朔社";s:12:"release_date";i:1502290800;}

「失われた二〇年」からの逆照射 戦後日本経済分析

涌井 秀行(著/文)
発行:八朔社

四六判   232頁  上製
価格 2,400円+税

ISBN 978-4-86014-085-4   C3033
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2017年8月
書店発売日 2017年8月10日
登録日 2017年8月1日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「失われた二〇年」の解剖=戦後日本資本主義とはなんだったのか。「限界集落」「過労死」「非正規労働」という事象に逆照射をかけ、日本資本主義の構造をあぶり出す。

目次

第一章 「失われた二〇年」とは何か
第二章 日本歴史における土地所有と変革の画期
第三章 戦前の日本資本主義の構造
第四章 戦後日本資本主義の基盤の生成と〔外生循環構造〕の成立
第五章 幻の 内生循環経済の構築――バブル経済とはなんだったのか
第六章 〔外生循環構造〕の機能不全の発症――国外「第四層」の形成と産業空洞化
第七章 「失われた二〇年」〔外生循環構造〕の機能不全
第八章 「失われた二〇年」の表象としての限界集落
      ――〔外生循環構造〕の帰結・表象その一
第九章 「失われた二〇年」と過労死・非正規労働
      ――〔外生循環構造〕の帰結・表象その二

前書きなど

 冷戦構造の溶解と共に始まった「平成大不況」は、既に二〇年を超えた。こういう事態は、これまでの不況時によく見られたワン・シーンではない。「経済成長」というメッキがはげて、深部にあった戦後資本主義の「基盤」が表面に浮き出てきた事象ではないのか。(中略)「失われた二〇年」の解剖=戦後日本資本主義とはなんだったのか。そのための構造分析がいま求められてはいないか。そしてそれをできる時が、今なのではないか。本書は、「限界集落」「過労死」「非正規労働」という事象に逆照射をかけ、日本資本主義の構造をあぶり出してみよう、という試みである。(「まえがき」より)

著者プロフィール

涌井 秀行(ワクイ ヒデユキ)

1946年 東京都生まれ
1971年 早稲田大学卒業
1975年 立教大学大学院経済学研究科修士課程修了
1992年 経済学博士(立教大学)
1997年 明治学院大学国際学部助教授
2001年 同教授
2015年 明治学院大学定年退職

関連リンク

ポスト冷戦世界の構造と動態

上記内容は本書刊行時のものです。