版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:16:"檜原村讃歌 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-86014-032-8";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:0:"";s:6:"author";s:24:"石塚 岩男(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"八朔社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"八朔社";s:12:"release_date";i:1152457200;}

檜原村讃歌

石塚 岩男(著)
発行:八朔社

A4変型判   128頁  並製
定価 3,500円+税

ISBN 978-4-86014-032-8   C0072
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2006年7月
書店発売日 2006年7月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加

前書きなど

みどり・せせらぎ・風の音/さわやかな風はやさしくほほを撫で、通りすぎる。/豊かな森林は、体の隅々まで溢れんばかりの酸素を与える。/透きとおったせせらぎは心地よいリズムを奏で、人々の心を和ませる。/小鳥のさえずりは、ひなびた宿のひとときに安らぎを与える。
東京都西多摩郡檜原村には、こんなことばが一番よく似合う。……
檜原村の景色をどんなことばで表現するよりも、石塚さんが30年焼き付けてきた昔のままの姿で佇む村の姿が全てを物語っています(檜原村長・坂本義次「発刊に寄せて」より)

著者プロフィール

石塚 岩男(イシヅカ イワオ)

1945年東京生まれ。1966年頃より趣味で写真を始める。檜原村通いを始めて30年余になり、これからも檜原村の四季折々の変化を撮り続ける。

上記内容は本書刊行時のものです。