版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
沿線住民は眠れない 海渡 雄一(著/文) - 緑風出版
..

沿線住民は眠れない

発行:緑風出版
四六判
縦188mm 横128mm
204ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784846118082
Cコード
C0065
一般 単行本 交通・通信
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年5月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 大都市周辺の鉄道の立体化は自動的に高架化を意味し、京王線も1969年に高架化が決定した。しかし、高架化は開かずの踏切こそ解消できるものの、沿線住民が希望する騒音・振動問題、日照問題を解決できない。
 これに対し、地下化はそれらの問題を解決するだけでない。駅周辺の一体的開発、鉄道跡地の防災緑道化などを可能にする。しかもシールド工法の普及でコストも下がり、沿線の土地買収は不要で、耐用年数は倍加する。
 それなのに、京王線は高架化のあとに地下2線を加えて複々線にするという。この計画では輸送力も限られる。こんなおろかな計画は許されない!

目次

序 章
11
1 京王線高架計画と住民・12
2 沿線住民の京王線問題への取り組み・14
3 地下化実現訴訟の会の立ち上げまでの経緯・
23
4 住民の声・28
⑴ 狭隘地区の騒音と防塵について(原告意見陳述書より)・29/⑵ 景観、ヒ
ートアイランド化について(同前) ・30/⑶ 電車騒音(二〇一一年九月三〇
日の都民の意見を聞く会より)・3
2/⑷ 地震防災について(同前)・34/⑸ 高
架下の治安悪化(同前)・35
第1章 問題の発生と経過37
1 東京西郊の通勤路線・38
⑴ 大都市の発展と沿線地域の広がり・38/⑵ 東京西郊の鉄道連続立体交
差の進展・40/⑶ 多摩ニュータウンの出現・41/⑷ 将来の都市形態と京王線の役割・42
2 踏切解消のための鉄道高架計画・45
3 市街地における高架鉄道の弊害と地下化の使益・46
4 複々線化先送りの疑い・49
5 鉄道や道路を地下化することが時代の趨勢であることは明らかである・50
6 都市計画決定手続きと不備・55
⑴ 都市計画決定手続き・55/⑵ 二〇〇九年報告書の「黒塗り」・55/⑶ 
無視された住民の意見・58/⑷ 事業認可手続きの不備・59
第2章 京王線高架化の騒音予測63
1 当事業区間における騒音の現状・64
2 騒音測定・予測結果の評価・68
3 「感覚環境の街作り」・70
4 高架化した場合の個別列車からの騒音の増加・71
5 高架化すると鉄道騒音が広域に広がる・72
6 中高層階での鉄道騒音の悪化・74
7 工事騒音に対する規制・76
8 保守作業による騒音・78
9 複合騒音に対する考慮と評価・79
10 道路と鉄道の複合環境評価がなされていない・80
11 速度上昇の趨勢・81
12 まとめ・83
第3章 都市鉄道の防災問題85
1 現代都市計画と鉄道の防災・86
⑴ 土木計画学と防災・87/⑵ 高架構造物の脆弱性・91/⑶ 地震時における地上構造物と地下構造物・95/⑷ 鉄道の新しい耐震基準・96/⑸ 大規模地震発生時における鉄道の運転再開・100⑹ 火山噴火と鉄の被災・101
2 防災における鉄道地下化の優位性・107
⑴ 首都直下地震における高架構造物の災害予測・107/⑵ 八幡山高架橋の基礎地盤・110/⑶ 帰宅難民対策としての地下化案の優位性・113/⑷鉄
道 跡地を防災緑道化できる・114/⑸ 高架計画の場合には耐震性強化のため、
多額の追加投資が必要・115
第4章 都市計画のあり方 119
1 鉄道地下化の経済効果・120
⑴ 地下化の費用便益分析・120/⑵ 施工費の差額と社会的便益・122/⑶ 敏感な実務の世界・124
2 景観の問題と改善の趨勢・124
⑴ 京王線南側の高架化による環境悪化・124/⑵ 日本橋周辺の高速道路地下化・128/⑶ 無電柱化の趨勢・130
3 地下鉄と高架鉄道の寿命の差・131
4 環境アセスメントの不公正な手続き・132
第5章 杜撰な建設計画137
1 手戻りを前提とした不合理な計画・138
⑴  東京都の計画の概要・138/⑵ 高架橋の既存基礎杭をシールドマシンで
切削した事例はない・140/⑶  杭を切削しながらシールドマシンで掘削して
いくのは困難・142/⑷  杭を切削しながら行うアンダーピニング施工案は多
額の費用がかかる・144/⑸  アンダーピニング施工案による構造物の耐久性
の低下・145
2 手順を尽くしていない建設計画・146
3 アンダーピニング施工案採用の意思決定・147
⑴ あるべき建設計画の手順・147/⑵アンダーピニング案は計画時には検討していなかった・151/⑶ 新幹線建設コストにおける地下化の優位性・152
4 線路配置と運用計画・153
⑴ 高架の八幡山駅を残すという前提条件・154/⑵ 線路配置が比較されていない・156
5 旧都市計画法違反の疑い・160
⑴ 一九六九年決定の決裁の状況と旧都市計画法違反・160/⑵ 東京都の主張・161/⑶ 戦時特例法はすでに失効していた・162
第6章 住民のためのインフラ建設を求めて・165
1 高架計画が変更されない理由166
⑴ 調布市で地下化が実現したのはなぜか・166/⑵ 当該区間の事情を考える・167
2 官僚機構における意思決定・169
⑴ 文書による意思決定のトレーサビリティ・169/⑵ 下請け設計会社の社員が設計者代表として意見書提出・170/⑶ 競争入札の条件破壊・172
3 沿線住民運動の歴史・174
⑴ 京王線地下化運動の歴史・174/⑵ 続発する住民運動・178
4 住民参加の環境アセスメント・180
終 章 183
1 京王線沿線の情景・
⑴ 天と地・府中と調布の異なる選択・184/⑵ 哀愁の八幡山・186
2 住民運動で学んだこと・189
⑴ 都市計画住民説明会のひどい実態・189/⑵ 情報開示の活用・193
3 住民のためのまちづくりをめざして・198
謝辞 200

著者プロフィール

海渡 雄一  (カイド ユウイチ)  (著/文

 1955 年生まれ。1981 年弁護士登録、原発訴訟、監獄訴訟、盗聴法・共謀罪・
秘密保護法などの反対運動などに従事。東京共同法律事務所所属。2010 年
4 月から2012 年5 月まで日弁連事務総長、日弁連共謀罪対策本部副本部長、
脱原発弁護団全国連絡会共同代表、監獄人権センター代表
 著書に『原発訴訟』(岩波新書 2011 年)、『共謀罪とは何か』(保坂展
人と共著岩波ブックレット 2006 年)、『反原発へのいやがらせ全記録』(海
渡雄一編 明石書店 2014 年)、『秘密保護法対策マニュアル』(岩波ブッ
クレット 2015 年)、『戦争する国のつくり方』(彩流社 2017 年)、『可視
化・盗聴・司法取引を問う』(村井敏邦との共編著 日本評論社 2017 年)、
『新共謀罪の恐怖―─危険な平成の治安維持法』(平岡秀夫との共著 緑風
出版 2017 年)『共謀罪は廃止できる』(緑風出版 2017 年)など。

筒井 哲郎  (ツツイ テツロウ)  (著/文

 1941 年、石川県金沢市に生まれる。1964 年、東京大学工学部機械工学
科卒業。以来、千代田化工建設株式会社ほかエンジニアリング会社勤務。
国内外の石油プラント、化学プラント、製鉄プラントなどの設計・建設に
携わった。現在は、プラント技術者の会会員、原子力市民委員会原子力規
制部会長、NPO APAST 理事。
 著書に『戦時下イラクの日本人技術者』三省堂、1985 年、『今こそ原発
の廃止を』カトリック中央協議会、2016 年(共著)、『原発は終わった』(緑
風出版 2017 年)
 訳書に『LNG の恐怖』亜紀書房、1981 年(共訳)。

上記内容は本書刊行時のものです。