版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:27:"JRに未来はあるか";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8461-1710-8";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:905:" 「経営者は無責任で、職員も働かないから赤字になった」といわれた国鉄は、分割民営化され、1987年4月、JRが発足した。あれから30年、JRは赤字を解消して安全で地域格差のない「利用者本位の鉄道」「利用者のニーズを反映する鉄道」に生まれ変わったのか? 本書は、鉄道交通問題研究の第一人者が、分割民営化後のJRの30年を総括、様々な角度から問題点を洗いだし、JRの未来に警鐘。第一章 国鉄からJRへ 第二章 サービスはよくなったか第三章 安全性は向上したか第四章 地方交通線はどうなったか 第五章 JR北海道をどうするか 第六章 JR貨物はどうなったか第七章 リニア新幹線は「第二の国鉄」第八章 持続可能な鉄道をめざして";s:6:"author";s:24:"上岡 直見(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"緑風出版";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"緑風出版";s:12:"release_date";i:1497279600;}

JRに未来はあるか

社会一般 ラノベ

上岡 直見(著/文)
発行:緑風出版

四六判   264頁 
定価 2,500円+税

ISBN 978-4-8461-1710-8   C0036

書店発売日 2017年6月13日
登録日 2017年6月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-07-30 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者:佐川光晴(小説家)

紹介

 「経営者は無責任で、職員も働かないから赤字になった」といわれた国鉄は、分割民営化され、1987年4月、JRが発足した。あれから30年、JRは赤字を解消して安全で地域格差のない「利用者本位の鉄道」「利用者のニーズを反映する鉄道」に生まれ変わったのか?
 本書は、鉄道交通問題研究の第一人者が、分割民営化後のJRの30年を総括、様々な角度から問題点を洗いだし、JRの未来に警鐘。
第一章 国鉄からJRへ
第二章 サービスはよくなったか
第三章 安全性は向上したか
第四章 地方交通線はどうなったか
第五章 JR北海道をどうするか
第六章 JR貨物はどうなったか
第七章 リニア新幹線は「第二の国鉄」
第八章 持続可能な鉄道をめざして

著者プロフィール

上岡 直見(カミオカ ナオミ)

1953年 東京都生まれ
環境経済研究所 代表
1977年 早稲田大学大学院修士課程修了
技術士(化学部門)
1977年~2000年 化学プラントの設計・安全性評価に従事
2002年より法政大学非常勤講師(環境政策)

著書
『乗客の書いた交通論』(北斗出版、1994年)、『クルマの不経済学』(北斗出版、1996年)、『地球はクルマに耐えられるか』(北斗出版、2000年)、『自動車にいくらかかっているか』(コモンズ、2002年)、『持続可能な交通へ─シナリオ・政策・運動』(緑風出版、2003年)、『市民のための道路学』(緑風出版、2004年)、『脱・道路の時代』(コモンズ、2007年)、『高速無料化が日本を壊す』(コモンズ、2010年)、『脱原発の市民戦略(共著)』(緑風出版、2012年)、『原発も温暖化もない未来を創る(共著)』(コモンズ、2012年)、写真集『水と鉄道』(光村印刷、2012年)、『日本を壊す国土強靭化』(緑風出版、2013年)、『原発避難計画の検証』(合同出版、2014年)『鉄道は誰のものか』(緑風出版、2016年)

上記内容は本書刊行時のものです。