版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:28:"学校図書館への招待 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8429-1703-0";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:303:"学校司書の法制化、アクティブ・ラーニングの導入等、学校図書館を取り巻く環境は大きく動いている。管理職、一般教員の視点から学校図書館を考え、その目線に添って学校図書館を紹介するというコンセプトで論じられる";s:6:"author";s:22:"坂田 仰()…他1名";s:10:"publishers";s:15:"八千代出版";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"八千代出版";s:12:"release_date";i:1496588400;}

学校図書館への招待

教育 ラノベ

坂田 仰(編著 | 編著), 河内 祥子(編著 | 編著)
発行:八千代出版

A5判   232頁  並製
価格 2,500円+税

ISBN 978-4-8429-1703-0   C3037
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2017年6月
書店発売日 2017年6月5日
登録日 2017年5月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

学校司書の法制化、チームとしての学校という考え方の勃興、学習指導要領の改訂、アクティブ・ラーニングの導入等、学校図書館を取り巻く環境は大きく動いている。こうした変化にどう対応するべきか議論に熱が帯びている一方で、学校図書館自体が沈滞し、存在感が後退している感もぬぐえない。多くの教育課題と直面している現在、学校管理職、一般教員にとって、学校図書館はどのような存在なのだろうか。本書は、管理職、一般教員の視点から学校図書館を考え、その目線に添って学校図書館を紹介するというコンセプトで論じられる。

目次

第1章 学校における学校図書館の役割
第2章 学校図書館発展の過程
第3章 教育法制の中の学校図書館
第4章 学校図書館運営と人的資源
実践報告1 学校司書の実践
第5章 学校図書館運営と物的資源
第6章 教育課程と学校図書館
実践報告2 言語活動と学校図書館
第7章 生きる力をはぐくむ学校図書館活用
第8章 学校図書館からはじめる心の教育と読書活動
実践報告3 パネルシアターや読み聞かせによる授業
第9章 情報メディアの特性と活用
第10章 学校図書館経営におけるPDCAサイクル
第11章 教育行政からみる学校図書館
第12章 チーム学校と表現の自由―学校図書館と図書館の自由の“距離”―
資料編

著者プロフィール

坂田 仰(サカタ タカシ)

日本女子大学教授。公法学・教育制度論専攻。主著に『学校教育紛争』、『学校と法―「権利」と「公共性」の衝突』(編著)など

河内 祥子(カワチ ショウコ)

福岡教育大学准教授。教育法規・学校図書館論専攻。主著に『教育改革の動向と学校図書館』(編著)、『ケーススタディ教育法規』(共著)など

上記内容は本書刊行時のものです。