版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:78:"運動・からだ図解 スポーツトレーニングの基本と新理論";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8399-6417-7";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1406:"新しい理論や体のしくみを理解すれば、 トレーニングの成果はもっと得られる! トレーニングに取り組むことによって起こるパフォーマンスの向上は、 どのような体のしくみに基づいているのか・・・。 それを知っているかどうかは、トレーニングで得られる成果に 大きな違いをもたらします。 本書ではトレーニングに取り組むなら知っておきたい 解剖生理学の基礎知識や理論や、 走る、投げる、跳ぶ、蹴るなどの動作のしくみや原理、 ウエート、自重、マシントレーニングや、 スロートレーニング、LSD(Long Slow Distance)、 インターバルトレーニング、タバタ式トレーニング、SAQトレーニングなどの、 さまざまなトレーニングの理論と実践方法について、 最新の情報を交えながら、ビジュアル的にイメージしやすい オールカラーのイラストを使って分かりやすく解説します。 スポーツ愛好家や競技者、指導者、トレーナーなどはもちろん、 理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、医師、看護師、鍼灸師、柔道整復師なども 知っておきたい知識が満載。 試験に出る重要語句を隠せる赤シート付きだから、専門用語もらくらく暗記できます。";s:6:"author";s:24:"佐久間 和彦(監修)";s:10:"publishers";s:18:"マイナビ出版";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:18:"マイナビ出版";s:12:"release_date";i:1505314800;}

運動・からだ図解 スポーツトレーニングの基本と新理論

スポーツ・健康 ラノベ

佐久間 和彦(監修)
発行:マイナビ出版

A5判   240頁 
価格 1,580円+税

ISBN 978-4-8399-6417-7   C2075

書店発売日 2017年9月14日
登録日 2017年7月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

新しい理論や体のしくみを理解すれば、
トレーニングの成果はもっと得られる!

トレーニングに取り組むことによって起こるパフォーマンスの向上は、
どのような体のしくみに基づいているのか・・・。
それを知っているかどうかは、トレーニングで得られる成果に
大きな違いをもたらします。

本書ではトレーニングに取り組むなら知っておきたい
解剖生理学の基礎知識や理論や、
走る、投げる、跳ぶ、蹴るなどの動作のしくみや原理、
ウエート、自重、マシントレーニングや、
スロートレーニング、LSD(Long Slow Distance)、
インターバルトレーニング、タバタ式トレーニング、SAQトレーニングなどの、
さまざまなトレーニングの理論と実践方法について、
最新の情報を交えながら、ビジュアル的にイメージしやすい
オールカラーのイラストを使って分かりやすく解説します。

スポーツ愛好家や競技者、指導者、トレーナーなどはもちろん、
理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、医師、看護師、鍼灸師、柔道整復師なども
知っておきたい知識が満載。

試験に出る重要語句を隠せる赤シート付きだから、専門用語もらくらく暗記できます。

著者プロフィール

佐久間 和彦(サクマ カズヒコ)

1951 年生まれ。順天堂大学大学院体育学研究科修了。修士(体育学)。
順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科前教授、順天堂大学陸上競技部前部長、
関東学生陸上競技連盟評議員。日本体育学会、日本コーチング学会、
日本スプリント学会、日本体力医学会、日本トレーニング科学会、日本陸上競技学会会員。
専門はコーチ学。五輪2大会(2008北京・2016リオデジャネイロ)において4×100mリレーで
メダル獲得の原動力になった『アンダーパス』を初めて理論的・実技的に普及させた。
日本学生陸上競技対校選手権大会における順天堂大学の男子総合優勝16回に貢献。
また、1992年バルセロナ五輪、2004年アテネ五輪、2012年ロンドン五輪、
2016年リオデジャネイロ五輪で活躍したオリンピアン3名(陸上競技短距離)を
育成した実績がある。

上記内容は本書刊行時のものです。