版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:45:"幻獣デザインのための動物解剖学";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8373-0197-4";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1983:"クリーチャー(幻獣)・デザインとは何か。クリーチャーとは異世界の生きもので、地上・水中・空中などにいて、冒険映画や英雄物語の主人公によく襲いかかってくるような、どきどきするイメージに結びつくものだと、誰しも何となくは思っているだろう。では、そのクリーチャーに真実味を与えるものは何なのか。ベストセラー『幻獣と動物を描く:精確な動物デッサンから生まれる空想上のキャラクター』の続編として、世界的に有名なアーティストであるテリル・ウィットラッチが、真実味のあるクリーチャー・デザインの秘訣〈解剖学〉を明らかにする。絵を描く際に解剖学を応用することが、上手なクリーチャー・デザインをする何よりの前提なのだ。そのことは実在の生きものでも幻獣でも変わりはない。正確な解剖構造を勉強した上でそれを理解し、幻獣を描くときに活用してみれば、嘘くささもなくなって新しい世界が開けて見えてくるだろう。動物の解剖構造の複雑な仕組み――生きものの持つ美しさ――を色々と知ってみたいのなら、本書はまさにおすすめだ。ウィットラッチのほれぼれする見事なイラストレーションが、ページをめくるごとに読者へ知識と興奮を与えてくれるばかりか、ルーカスフィルムやウォルト・ディズニー、また映画『ジュマンジ』『ブラザー・ベア』『ポーラー・エクスプレス』などで活躍した経験をもとにした貴重なテクニックが、惜しみなく公開されている。さらにウィットラッチの、世界中の観客を魅了した幻獣たちを生む源ともなった実際の生きものたちへの果てしない愛も目の当たりにすることだろう。";s:6:"author";s:51:"テリル ウィットラッチ (著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:24:"株式会社マール社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:24:"株式会社マール社";s:12:"release_date";i:1446390000;}

幻獣デザインのための動物解剖学 絶滅種・恐竜を含むあらゆる動物の骨格と筋肉

芸術 ラノベ

テリル ウィットラッチ (著/文), 大久保 ゆう(翻訳)
発行:株式会社マール社

A4変型判   166頁 
定価 2,400円+税

ISBN 978-4-8373-0197-4   C3071

書店発売日 2015年11月2日
登録日 2015年10月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

クリーチャー(幻獣)・デザインとは何か。クリーチャーとは異世界の生きもので、地上・水中・空中などにいて、冒険映画や英雄物語の主人公によく襲いかかってくるような、どきどきするイメージに結びつくものだと、誰しも何となくは思っているだろう。では、そのクリーチャーに真実味を与えるものは何なのか。ベストセラー『幻獣と動物を描く:精確な動物デッサンから生まれる空想上のキャラクター』の続編として、世界的に有名なアーティストであるテリル・ウィットラッチが、真実味のあるクリーチャー・デザインの秘訣〈解剖学〉を明らかにする。絵を描く際に解剖学を応用することが、上手なクリーチャー・デザインをする何よりの前提なのだ。そのことは実在の生きものでも幻獣でも変わりはない。正確な解剖構造を勉強した上でそれを理解し、幻獣を描くときに活用してみれば、嘘くささもなくなって新しい世界が開けて見えてくるだろう。動物の解剖構造の複雑な仕組み――生きものの持つ美しさ――を色々と知ってみたいのなら、本書はまさにおすすめだ。ウィットラッチのほれぼれする見事なイラストレーションが、ページをめくるごとに読者へ知識と興奮を与えてくれるばかりか、ルーカスフィルムやウォルト・ディズニー、また映画『ジュマンジ』『ブラザー・ベア』『ポーラー・エクスプレス』などで活躍した経験をもとにした貴重なテクニックが、惜しみなく公開されている。さらにウィットラッチの、世界中の観客を魅了した幻獣たちを生む源ともなった実際の生きものたちへの果てしない愛も目の当たりにすることだろう。

目次

<目次>
序文――アーロン・ブレイズ
まえがき
第1章 クリーチャー・デザインとは何か
第2章 解剖学という翼
 哺乳類/魚類/ 爬虫類と両生類/ 鳥類/恐竜
生物分類の系統樹
第3章 馬の王国
第4章 解剖学のルールを恐竜にも当てはめてみる
アーティストについて
 インタビュー―テリル・ウィットラッチ
用語集
謝辞
生物索引

上記内容は本書刊行時のものです。