版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:18:"hiroshima element ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8339-0550-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:258:"もうひとつの広島。30 年後(被爆100 年)、50 年後に残る写真。 人を人として尊重するヒロシマの町に根づく写真を撮りつづける。 たとえ一粒であろうとも、やさしく、激しく、うつくしく。";s:6:"author";s:22:"三田村 陽(著/文)";s:10:"publishers";s:24:"ブレーンセンター";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:24:"ブレーンセンター";s:12:"release_date";i:1435676400;}

hiroshima element

芸術 ラノベ

三田村 陽(著)
発行:ブレーンセンター

  144頁  並製
定価 2,700円+税

ISBN 978-4-8339-0550-3   C0072
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2015年7月
書店発売日 2015年7月1日
登録日 2015年6月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

もうひとつの広島。30 年後(被爆100 年)、50 年後に残る写真。
人を人として尊重するヒロシマの町に根づく写真を撮りつづける。
たとえ一粒であろうとも、やさしく、激しく、うつくしく。

目次

写真全130点(フルカラー)

前書きなど

三田村 陽、待望の初写真集

たった一粒だからこそ──
僕は行く
ヒロシマに生きる人々に
学び響きあう

水の無い小さな池だと思った場所は崩壊したお寺の僅かな跡地であり、
周りから一段低いその底が被爆当時の地面、
平和公園全体は盛り土され整備されたことを知る。
その元々の地面に立った時、
無性にこの街を隅々まで歩きたい衝動に駆られた。

版元から一言

造本:鈴木一誌+山川昌悟
写真デジタイズ:西川 茂
デジタイズ機材= シグマSD1 Merrill、Capture One 8

著者プロフィール

三田村 陽(ミタムラ アキラ)

1973 京都市生まれ
1997 大阪芸術大学写真学科卒業
1998 「MiO写真奨励賞」優秀賞受賞
1999 京都造形芸術大学大学院メディアアート専攻修了
2000 コニカ「フォト・プレミオ」特別賞受賞
2003 第21回写真「ひとつぼ展」入選
2005 フォト・ドキュメンタリー「NIPPON」参加

[個展]
1998 「slicing life」立体ギャラリー射手座:京都
2001 「接岸2000-01」Prinz:京都
2005 「対岸」ガーディアン・ガーデン:東京
2008 「潜景 hiroshima element」The Third Gallery Aya:大阪
2009 「潜景 hiroshima element」The Third Gallery Aya:大阪
2010 「潜景 hiroshima element」The Third Gallery Aya:大阪
2012 「潜景 hiroshima element」The Third Gallery Aya:大阪

[グループ展]
1998 「MiO写真奨励賞'98」天王寺ミオ:大阪
2003 第21回写真「ひとつぼ展」ガーディアン・ガーデン:東京
2007 「city scapeー三田村陽+遠藤慎二」The Third Gallery Aya:大阪
2012 「Quiet Boys/クワイエット・ボーイズ”男の子写真“は可能か」MiO Photo Osaka:大阪

[ 写真展 ] 三田村 陽「hiroshima element 」
2015年7月21日(火)~ 8月8日(土)
会場 : The Third Gallery Aya(大阪市)
2015年7月25日(土)~ 9月13日(日)
会場 : 広島県立美術館 「広島・長崎 被爆70周年-戦争と平和展」関連展示

上記内容は本書刊行時のものです。