版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:33:"鏡鑑としての中国の歴史";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8318-7716-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:996:"入門的な概説や人物伝、少し専門的な論文、目から鱗のコラムまで、著者がさまざまな媒体に発表してきた文章を収める。いちばん早いものは1978年、いちばん新しいものは2016年。東洋史家が約40年にわたって著わした多彩な文章が示す、歴史の見方、学び方。ありきたりな結論では終わらない。礪波史学の真骨頂!-------------------------鑑は表面にゆがみがあったり、十分に磨かれていなかったりすると、映し出される影像は、もとの姿をゆがめたり、不鮮明にしてしまう。したがって、歴史が鑑として使われる場合、往々にして「影射害人」すなわちあてこするための器具として悪用されがちになる。……歴史が過去を映しだす鑑であることは確かだが、ゆがんだ鑑には十分すぎるほど気をつけないと、危険なのである。-------------------------";s:6:"author";s:20:"礪波 護(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"法藏館";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"法藏館";s:12:"release_date";i:1497193200;}

鏡鑑としての中国の歴史

歴史・地理 ラノベ

礪波 護(著/文)
発行:法藏館

四六判   348頁 
定価 2,500円+税

ISBN 978-4-8318-7716-1   C0022

書店発売日 2017年6月12日
登録日 2017年4月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

入門的な概説や人物伝、少し専門的な論文、目から鱗のコラムまで、著者がさまざまな媒体に発表してきた文章を収める。
いちばん早いものは1978年、いちばん新しいものは2016年。
東洋史家が約40年にわたって著わした多彩な文章が示す、歴史の見方、学び方。

ありきたりな結論では終わらない。礪波史学の真骨頂!

-------------------------
鑑は表面にゆがみがあったり、十分に磨かれていなかったりすると、映し出される影像は、もとの姿をゆがめたり、不鮮明にしてしまう。したがって、歴史が鑑として使われる場合、往々にして「影射害人」すなわちあてこするための器具として悪用されがちになる。……歴史が過去を映しだす鑑であることは確かだが、ゆがんだ鑑には十分すぎるほど気をつけないと、危険なのである。
-------------------------

目次

Ⅰ 鏡鑑としての歴史

歴史をつづる営みは、むかしも今も生命がけ 
鏡鑑としての中国の歴史 
歴史写真のトリック 

Ⅱ 歴史地図

宮崎市定氏旧蔵地図
ブラウ 南京および江南地図
ダンヴィル 中国全図 
中国の分省地図――陝西省図を中心に
ブラウの陝西省図 
ダンヴィルの陝西省図  

Ⅲ 政治と社会

曹操が官渡の戦いで袁紹に勝利したのはなぜ? 
隋唐時代の社会と文化 
白居易の生きた時代 
元朝の落日と明の成立――怒りかったラマ僧の横暴と紙幣濫発 
二つの革命がもたらした衝撃 
中国の官僚制 

Ⅳ 伝記と逸話

『世説新語』の周辺
李世民
則天武后
柳宗元
馮道
則天武后の逸話
黄巣と馮道
フビライ、元朝を建つ

Ⅴ 博物館と読書

伝承・受容されたものと、伝承・受容されなかったもの
『天平之甍』と依田義賢
好きなもの 
「祈りと造形――韓国仏教美術の名品」開催にあたって
三十代の骨密度 
文庫本・新書判と限定本
「折口信夫の筆あと」展参観記
――穂積生萩著『私の折口信夫』解説に代えて 
奥山直司著『評伝 河口慧海』解説
古典再読―宮崎市定著『東洋的近世』 (中公文庫)
礪波護編『平岡武夫遺文集』編集後記 
カバヤ文庫、京都の力が支え 

Ⅵ 東洋史と中国 

東洋学
中国学
アンリ・コルディエ
東洋史とアジア史の呼称 
東洋史学の十人 
内藤湖南(一八六六―一九三四)
桑原隲蔵(一八七一―一九三一)
宮崎市定(一九〇一―一九九五)
藤枝先生の功績調書
日本にとっての中国

あとがき

礪波 護;0201;03;“歴史は過去を映しだす鑑であるが、ゆがんだ鑑は危険である”。平明で深い、多彩な文章で示される、中国史の見方、学び方。;20170601

著者プロフィール

礪波 護(トナミ マモル)

1937年、東大阪市生まれ。八尾高校をへて、60年、京都大学文学部史学科東洋史学専攻卒業。同大学大学院博士課程を了え、京都大学人文科学研究所助手、神戸大学文学部助教授、京都大学人文科学研究所教授、同大学大学院文学研究科教授を歴任し、2001年、停年退官。京都大学名誉教授。その後、大谷大学文学部教授、同大学博物館長を勤める。文学博士。専門は中国の政治・社会・宗教史。著書に『隋唐佛敎文物史論考』『隋唐都城財政史論考』(ともに法藏館)、『唐代政治社会史研究』(同朋舎出版)、『地域からの世界史② 中国 上』(朝日新聞社)、『世界の歴史6 隋唐帝国と古代朝鮮』(共著、中央公論社。のち中公文庫)、『馮道――乱世の宰相』、『唐の行政機構と官僚』、『隋唐の仏教と国家』、『唐宋の変革と官僚制』(ともに中公文庫)、『京洛の学風』(中央公論新社)、『敦煌から奈良・京都へ』(法藏館)、編著に『中国貴族制社会の研究』、『中国中世の文物』(ともに京都大学人文科学研究所)、『京大東洋学の百年』(京都大学学術出版会)、『中国の歴史』(全12巻、講談社)、『中国歴史研究入門』(名古屋大学出版会)。ほかに編集・解説多数。

上記内容は本書刊行時のものです。