版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:16:"PPSのすすめ ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8228-1251-5";s:16:"shoshi_publisher";s:15:"七つ森書館";s:11:"description";s:247:"電力自由化の目玉として誕生したPPS(新電力)制度を導入すると、どうなるのか? 電気の供給先や料金、電気の由来、停電への対応、脱原発との関係など、わかりやすく解説します。";s:6:"author";s:24:"布施 哲也(著/文)";s:10:"publishers";s:15:"七つ森書館";s:9:"publisher";s:15:"七つ森書館";s:9:"productor";s:15:"七つ森書館";s:12:"release_date";i:1335970800;}

PPSのすすめ 電力会社の電気を買ってはいけない

自然科学

布施 哲也(著)
発行:七つ森書館

A5判   96頁  並製
定価 1,000円+税

ISBN 978-4-8228-1251-5   C0036
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2012年5月
書店発売日 2012年5月3日
登録日 2012年4月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

電力自由化の目玉として誕生したPPS(新電力)制度を導入すると、どうなるのか?
電気の供給先や料金、電気の由来、停電への対応、脱原発との関係など、わかりやすく解説します。

目次

はじめに

第1章 電力会社の電気を買ってはいけない
 1 PPSが電力自由化の風穴を開ける
 2 経済産業省は脱電力会社へ突き進む
 3 競輪場では電気料金が安くなった
 4 意外にも自治体はPPSを知らない
 5 静岡の県と市では中部電力離れが進んでいる
 6 ひそかに自治体にPPSが広がっている

第2章 電力自由化からPPSが生まれる
 1 日本の電気料金はこんなに高い
 2 これがPPSの仕組みだ
 3 マンションでもPPSを導入できる
 4 自治体のPPSはどうなっているか
 5 電気事業者の種類はどれくらいあるか
 6 六本木ヒルズはPPSではない

第4章 これがPPS環境と問題点だ
 1 PPSは、なぜ50キロワット以上なのか
 2 送電・配電設備の利用料が高い
 3 インバランス料金という罰金があるのをご存じだろうか
 4 これでは電気を買いたくても買えない
 5 卸電力取引所とスマートグリッドが投資効果を生み出す
 6 二酸化炭素の排出量で比較するのは時代遅れだ

第4章 PPSは脱原発への第一歩だ
 1 電力会社は絶大な力をもっている
 2 電気料金が電力会社の力の源泉だ
 3 電力会社が発送電分離に抵抗するのだ
 4 原発をなくすためには発送電の分離が一番だ
 5 危ないPPSといらないPPS
 6 資源エネルギー庁を自然エネルギー庁にしよう

あとがき

前書きなど

はじめに

 電気の販売者である供給元は、東京では東京電力で、大阪では関西電力というように、10社ある電力会社に限られていた。それが、2000年から特定規模電気事業者(PPS)という、電力会社ではない電気の小売業者が誕生した。
 制度の発足時の利用者は、2000キロワット以上の特別高圧という、電気の大量需要者に限られていた。その後に制限が緩和され、現在では50キロワット以上の高圧電力までが対象となっている。小規模工場、コンビニ、そして一般家庭は利用できないが、その範囲はかなり広い。
 PPSの普及は、全体の電気の需要量では3〜4%ほどだが、東京電力や関西電力の営業範囲では、その普及割合は高くなっている。福島第一原発の事故と、それにつづく電気料金の値上げがあって、電力会社への不信感が高まり、電気の新しい購入先に関心が向かう。
 PPSという名称ではわかりにくいので、略称は「新電力」となるようだ。今後ますますこの制度は普及する見込みだが、名称もわかりにくいが、制度そのものもわかりにくい。
 執筆にあたっては、電力会社関係者でも、電気の専門家でも、法規を熟知した官僚でもない、市民の目線の説明を心がけた。
 電力会社の力の源泉は、販売エリアに競争相手がいない地域独占、発電と送配電の一体所有、そして電気料金を決める総括原価方式の3つだという。電力自由化は、これらを撤廃させることだが、それにはPPSの普及が大きな意味を持つのだ。
 電力自由化の目玉として誕生したこの制度は、まだ道半ばの段階だ。50キロワット以上という制限を取り外し、一般家庭も利用できるようにしたい。電力会社は抵抗するだろうが、それが実現すると、PPS制度は身近なものとなり、活用の道が広がってくるのだ。

 電気の供給先をどうするのか。
 料金はどうなっているのか。
 その電気の由来は何なのか。
 停電事故の対応はどうなるのか。
 脱原発とどう結びつくのか。

 電力が完全自由化する前に、これらのことを知っていただきたいのですが、PPSが名実ともに新電力になることに、本書の普及が少しでも役に立つのなら望外の幸せです。
 本書の執筆には、反原発自治体議員・市民連盟のみなさんの活動が後押しとなりました。PPSに関する調査と研究、そして議会における発言・提言が、各自治体におけるPPS導入という結果を導き出しています。
 もうひとつの後押しは、前著『福島原発の町と村』の読者の方々です。同書はPPSについても記述していますが、もっと詳しく説明をしてほしいとの声が、少なからずあったからです。お役に立てることを願っています。
 最後に、出版の機会を与えていただいた、七つ森書館のみなさんに感謝します。

   2012年4月   布施哲也

著者プロフィール

布施 哲也(フセ タツヤ)

反原発自治体議員・市民連盟共同代表。
1949年、千葉県生まれ。狭山事件の再審を求める市民の会、障害者の教育権を実現する会などで活動。2011年まで清瀬市議会議員。
著書に、『清瀬異聞』(社会評論社)、『官製ワーキングプア』『官製貧困社会』『官製クライシス』『福島原発の町と村』(七つ森書館)など。

上記内容は本書刊行時のものです。