版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:10:"夢三夜 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8166-1312-8";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:254:"3.11後の混迷を農村から凝視する、珠玉の小説。TPP・原発・憲法への忸怩たる思いを「夢三夜」により綴る。 ”自己責任と競争の国”から、”自然と人情が豊かな国”への思いを構想する。";s:6:"author";s:21:"飯島勝彦(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"梨の木舎";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"梨の木舎";s:12:"release_date";i:1387465200;}

夢三夜 TPP・原発・憲法

飯島勝彦(著/文)
発行:梨の木舎

四六判   233頁  上製
定価 1,600円+税

ISBN 978-4-8166-1312-8   C0093
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2013年12月
書店発売日 2013年12月20日
登録日 2014年2月3日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

3.11後の混迷を農村から凝視する、珠玉の小説。TPP・原発・憲法への忸怩たる思いを「夢三夜」により綴る。
”自己責任と競争の国”から、”自然と人情が豊かな国”への思いを構想する。

目次

夢三夜
 〈第一夜〉
 〈第二夜〉
 〈第三夜〉
てんてん
前へ

前書きなど

あとがき
 東日本大震災のあと、日本がこんな・お・っ・か・な・い国だったのかと痛切に思い、その思いは今も変わりません。地震と津波に加え、原発の放射能が、土を水を、海を空気を、今も汚染し続けている。
 日本列島はまるで、大や火けど傷を負った怪獣のようです。福島原発があるようつい腰椎のあたりは、放射線や汚染水の炎症と腰痛にもだ悶え、唇(北海道・泊原発)から足(鹿児島県・川内原発)の先まで、五〇ものしゅく宿あ痾を抱えおのの戦いている―ー私の、日本列島のイメージです。
 しかも列島の頭脳は、わが身の治療を放ったまま、逆に傷を深める方へ向かっている。TPPや改憲も絡め、非常に危険な国になりつつあると思います。
 ――日本は、井上井月の句「除け合うて 二人ぬれけり露の道」のような、自然と人情が豊かな国に戻ること。戦争をしない国、小さい国でいいではないか――老骨のじくじ忸怩たる思いを「夢三夜」に依り列島のへそ臍(信州)から発信したところ、同郷の羽田ゆみ子さん(梨の木舎)が・・へその思いを汲み出版を叶えてくれました。厚くお礼を申しあげます。
 なお、推せんの言葉をいただいた井出孫六先生、日頃励ましをいただく地域の皆様に感謝申しあげます。
 そして、四年ぶりにJA直売所へ出荷ができて、ほっとしています。
                   2013年秋
                        飯島 勝彦

版元から一言

作家・井出孫六
夢三夜への期待
「著者は郷里で35年間農協に勤務、退職後農業の傍ら小説の筆を執り、『鬼ケ島の姥たち』で家の光協会、地上文学賞、『銀杏の墓』で、日本農民文学賞、『埋火』で、山室静・佐久文化賞をたて続けに受賞、農民文学の星と輝くに至った。漱石が『夢十夜』で明治末の不安を描いて100年。3.11後の混迷を農村から著者が凝視する注目作。」

著者プロフィール

飯島勝彦(イイジマ カツヒコ)

1939年長野県佐久市生まれ。県立野沢北高校卒業後、農協勤務。この間「館報もちづき」編集長、望月町連合青年団長、望月町議会議員を歴任。退職後農業の傍ら小説を執筆。
1998年「鬼ケ島の姥たち」で家の光協会「第5回地上文学賞。2004年「銀杏の墓」で第47回日本農民文学賞。2006年 小説集「埋火」で第23回山室静・佐久文化賞を受賞。
長野県佐久市在住。日本ペンクラブ会員、日本農民文学会長野支部長、多津衛民芸館運営委員
著書
「鬼ケ島の姥たち」「銀杏の墓」「埋火」「冬の風鈴」(いずれも郷土出版社より刊行)

上記内容は本書刊行時のものです。