版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:25:"傷ついたあなたへ ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8166-0505-5";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1021:"◆多くの人は、DVはごく一部の人に起きている悲惨な暴力と考えているかもしれません。実は日常的に頻発している問題です。DVは、パートナーからの「力」と「支配」です。誰にも話せずひとりで苦しみ、無気力になっている人が、 DVやトラウマとむきあい、のりこえていくことはたいへんなことです。 ◆この本は自分に起きたことに向き合い、「わたし」を大切にして生きていくためのサポートをするものです。 ◆DVのサイクルから抜け出すには? パートナーから離れるには? 自分の感情を処理するには? 健全な関係とは? そして自分らしく輝いて生きていくためには? 等々、質問と、チェックリスト、書き込みを用意しました。 ◆傷ついた人自身だけでなく、サポートする人、親や学校の先生、行政関係者におすすめします。 ";s:6:"author";s:27:"レジリエンス(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"梨の木舎";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"梨の木舎";s:12:"release_date";i:1130943600;}

傷ついたあなたへ わたしがわたしを大切にするということ

レジリエンス(著/文)
発行:梨の木舎

A5判   104頁  並製
定価 1,500円+税

ISBN 978-4-8166-0505-5   C0037
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2005年10月
書店発売日 2005年11月3日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

◆多くの人は、DVはごく一部の人に起きている悲惨な暴力と考えているかもしれません。実は日常的に頻発している問題です。DVは、パートナーからの「力」と「支配」です。誰にも話せずひとりで苦しみ、無気力になっている人が、 DVやトラウマとむきあい、のりこえていくことはたいへんなことです。
◆この本は自分に起きたことに向き合い、「わたし」を大切にして生きていくためのサポートをするものです。
◆DVのサイクルから抜け出すには? パートナーから離れるには? 自分の感情を処理するには? 健全な関係とは? そして自分らしく輝いて生きていくためには? 等々、質問と、チェックリスト、書き込みを用意しました。

目次

1 DV・トラウマを理解する  
   なぜ離れられないのか。トラウ   マから新しい歩みへ
2 暴力の影響を乗りこえるには
   感情の処理の方法 過去からの   恐怖、将来への不安
3 自分らしく輝くためには
   境界線を知ろう ランキングを   はずしてらくになろう

前書きなど

こんなふうに感じている方へ
・パートナーさえ変わってくれたら、私は幸せになれる
・パートナーはある時はやさしく、ある時は冷たい
・パートナーからホントに愛されているのか分からなくなる時がある
・一緒にいるのがつらい。でもパートナーから離れられない
・パートナーとのことで、人には話せないと思っていることがある
・あんなことがあったから・・・わたしはもう幸せになれない
・過去の悲しみから立ち直りたい
・もっと自分のことを好きになりたい
・傷つく前のわたしに戻りたい
・自分らしく輝いて生きていきたい

版元から一言

本書はDV・トラウマからの回復ワークブックです。

著者プロフィール

レジリエンス()

DVやトラウマから回復するためのサポート活動を、2003年から行っています。
レジリエンスとは、逆境にも耐え抜く力、そこから脱する力、新しくエネルギーを発揮する力、
マイナスのものをプラスに変えていく力などを意味することばで英語です。傷ついた人が、「自らがもつレジリエンスで、自分らしく輝いて生きていく」ことを願って、多様な活動をおこなっています。各地での講演や研修、東京と横浜での連続講座、サポートグループ、高校・大学でのデートDVなどの授業、カウンセリング、米国でのスタディツアー、米国から講師の招聘、ビュティレッスンなど、さまざまな方法でDVやトラウマに関する心のケアを広めています。

上記内容は本書刊行時のものです。