版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
亡国の漁業権開放 鈴木 宣弘(著) - 筑波書房
.
暮らしのなかの食と農59

亡国の漁業権開放 協同組合と資源・地域・国境の崩壊

発行:筑波書房
A5判
46ページ
並製
価格 750円+税
ISBN
978-4-8119-0519-8
Cコード
C0062
一般 単行本 水産業

出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2017年10月
書店発売日
登録日
2017年9月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 漁業権の開放と貿易自由化の流れは、日本の水産資源を守る観点などからも、容認しがたいものであることは明白である。
 本書は、『「総仕上げ」の指示』、『違和感』、『規制緩和の真意』、『国家戦略特区の真意』などのテーマで漁業権開放の問題点を語る。

目次

「総仕上げ」の指示
違和感
規制緩和の真意
国家戦略特区の真意
資源がもたない
地域がもたない
国土がもたない
補助金漬け漁業のウソ
関税もすでに低く、自由化でも全面的関税撤廃
資源・環境と地域と国土・国境を守る
補論1 漁場のきめ細かな共同管理の実態
補論2 IQが資源管理の実効性を低下させる
補論3 漁協解体が「買いたたき」を強める
付録 建前と本音の政治・行政用語の変換表

著者プロフィール

鈴木 宣弘  (スズキ ノブヒロ)  (

1958年三重県生まれ。
1982年東京大学農学部卒業。
農林水産省、九州大学教授を経て、
2006年より東京大学教授。
98~2010年(夏季)コーネル大学客員教授。
専門は農業経済学。
日韓、日チリ、日モンゴル、日中韓、日コロンビアFTA産官学共同研究会委員、
食料・農業・農村政策審議会委員(会長代理、企画部会長、畜産部会長、農業共済部会長)、
財務省関税・外国為替等審議会委員、経済産業省産業構造審議会委員を歴任。
国際学会誌Agribusiness編集委員長。JC総研所長も兼務。
『食の戦争』(文藝春秋、2013年)、
『悪夢の食卓』(角川書店、2016年)、
『牛乳が食卓から消える? 酪農危機をチャンスに変える』(筑波書房、2016年)等、
著書多数。

上記内容は本書刊行時のものです。