版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:31:"食料流通問題の新展開 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8119-0498-6";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:363:"第1編「食料・農業市場問題の新展開」、第2編「卸売市場再編問題の新展開」を論じ。豊洲移転問題では、小池都知事が2016年8月に月7日に予定していた移転の延期を決定するまでの経過と、豊洲移転の問題点、築地での存続・再整備の必要性を論じています。";s:6:"author";s:21:"三國英實(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"筑波書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"筑波書房";s:12:"release_date";i:1484146800;}

食料流通問題の新展開

社会科学 ラノベ

三國英實(著)
発行:筑波書房

A5判   261頁  函入上製
価格 4,500円+税

ISBN 978-4-8119-0498-6   C3061
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2017年1月
書店発売日 2017年1月12日
登録日 2016年12月6日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

第1編「食料・農業市場問題の新展開」、第2編「卸売市場再編問題の新展開」を論じ。豊洲移転問題では、小池都知事が2016年8月に月7日に予定していた移転の延期を決定するまでの経過と、豊洲移転の問題点、築地での存続・再整備の必要性を論じています。

目次

はじめに
第Ⅰ編 食料・農業市場問題の新展開
第一章 現代農業再編と農業市場問題の所在
一 農家経済と農業市場問題
(1) 農家経済の循環と農業市場
(2) 農業市場展開の特質
二 日本農業の縮小再編と農業市場の変質
(1) 農産物市場の絶対的縮小と構造変化
(2) 農業再編と農業投資・農業金融への影響
(3) 農業生産力基盤の弱体化と労働力・農地市場
三 持続的農業への転換と市場改革
(1) 基本食料の国民主権と自給率向上
(2) 公正な競争条件の確保
(3) 農業市場の改革と環境問題
(4) 地域づくりと農業市場の変革
第二章 アジアの食料・環境問題と日本の立場
一 アジアの食料・環境問題
(1) アジア経済の危機と食料問題
(2) アジアの食料・環境問題
(3) 持続的食料生産に向けて
二 食料の大量輸入とその影響
(1) 増大する食料輸入
(2) 輸入先とアジアの位置
(3) 輸出国での食料・環境問題
三 食料自給率の向上と国際貢献
(1) 新農基法下の食料自給問題
(2) 食料サミットと日本の立場
(3) 食料自給率向上の役割と展望
第三章 食料・農産物流通の回顧と展望
─グローバリゼーション・規制緩和下での再編過程─
はじめに
一 グローバリゼーション・規制緩和下の食料・農産物流通問題
(1) WTO農業協定と農産物の市場開放
(2) 多国籍アグリビジネスの食料支配
(3) グローバル化する食品安全問題
(4) 多国籍アグリビジネスに対抗するグローバル化の道
二 規制緩和と食料・農産物流通再編
(1) 規制緩和と国内農業・農産物市場
(2) 米穀流通の自由化
(3) 卸売市場流通の再編
(4) 食品産業の巨大化と「フード・システム」
(5) 国民食料確立に向けた流通再編の方向
むすび
第四章 地域の総体を視野に入れた農協活動への転換
─農協の事業・組織再編と求められる新たな枠組み─
一 WTO体制・新基本法下の農協問題
二 事業・組織の再編過程に見る後退面と積極面
三 転換期の農協に求められる新たな枠組み
四 地域づくりの今日的意義と農協の役割
第五章 多品目総合産地形成の課題
─安倍亡国農政と対峙する農業再建の道─
はじめに
一 多品目総合産地形成の課題
二 日米安保体制下での多品目総合産地形成の展開
(1) 青森県田子町農協─農業振興による山村経済の復興
(2) 秋田県十文字町─米依存体質からの脱却を目指した総合産地形成
(3) 島根県石見町・農協─都市との交流、環境保全を重視した山間地農業の新展開(…)
三 安部亡国農政下の農業・農協
(1) 日本農業を破壊させるTPP「基本合意」
(2) 世界史に逆行する農業・農協解体攻撃
(3) 「地方創生」の名の下に推進する道州制条件づくりの
(4) 農業破壊は戦争する国づくりに向かう危険な道
四 安倍亡国農政に対峙する農業再建の道
(1) 地域から多様な担い手による協同の構築
(2) 地域からの多元的流通システムの形成
(3) 農業再建と農協・自治体の今日的役割
第Ⅱ編 卸売市場再編問題の新展開
第六章 新農基法と生鮮食品市場再編
一 食料・農業・農村基本法の制定と生鮮食品
二 規制緩和下の生鮮食品市場・流通の変化
(1) 生鮮食品需給の変化
(2) 卸売市場流通の変化
三 卸売市場整備と卸売市場法の改訂
(1) 卸売市場整備と取引原則
(2) 卸売市場法の改訂と問題点
四 生鮮食品の生産と流通の課題
(1) 総合産地形成と生鮮食品
(2) 多元的流通システムと卸売市場の役割
第七章 農産物流通再編の新段階と変革課題
はじめに
一 WTO体制下での食料・流通問題の深まり
(1) グローバリゼーションと規制緩和
(2) 規制緩和と多国籍企業支配
(3) 食品安全問題の多発と国民不安の高まり
(4) 農家経済・地域経済の危機
(5) 回復しない食料自給率
二 米政策改革と米流通再編
(1) 食糧法改定と米政策改革
(2) 食糧法下の米流通再編
三 卸売市場制度の改変と流通再編
(1) 卸売市場制度の改変
(2) 規制緩和と卸売流通再編
四 農産物流通変革の課題
(1) 地域からの食料確立運動
(2) 基本食料管理における国の責任
(3) 多国籍企業の横暴を規制すための国際連帯
第八章 卸売市場再編と築地市場移転問題
一 築地市場の豊洲移転反対運動の高まり
(1) 汚染土壌は生鮮食料品の卸売市場に適していない
(2) 移転計画強行への批判
(3) 築地市場の有する伝統と食文化が失われる
(4) 生鮮食品流通で重要な役割を果たしている仲卸制度が否定される
二 中央卸売市場の再編過程と年法改定
(1) 中央卸売市場再編の概要
(2) 04年卸売市場法の改定と市場再編
三 豊洲新市場建設に見られる特徴・問題点
(1) 卸売市場間格差の拡大と再編・統合
(2) 首都圏の基幹市場としての豊洲新市場
(3) 効率的な物流システムの形成
(4) 民間活力の活用と公的管理の後退
(5) 仲卸売業者・卸売業者の統廃合
(6) 消費者のための新市場というが
四 築地市場の豊洲移転の性格
第九章 築地市場移転問題と卸売市場の再編
はじめに
一 築地市場の廃止と豊洲移転における問題点
(1) 卸売市場として不適切な豊洲地区の立地問題
(2) 豊洲新市場建設計画に見られる問題点
(3) 仲卸業者の重要な役割が否定される
(4) 食文化・地域経済に果たす役割が失われる
二 中央拠点市場の形成と卸売市場の再編成
(1) 中央拠点市場の形成
(2) 「中央拠点市場」以外の卸売市場の再編
(3) 卸売業者、仲卸業者の統廃合
(4) 卸売市場再鶴と取引規制の緩和
(5) 卸売市場再編と物的流通施設整備
三 卸売市場再編と地域経済再生の課題
(1) 卸売市場再編の特質
(2) 地域経済の再生・活性化と卸売市場の役割
第十章 卸売市場制度の変質と再構築の課題
─豊洲新市場開場中止と築地市場の存続・再整備を─
はじめに
一 豊洲新市場開場中止と築地市場の存続・再整備を
(1) 豊洲新市場開設中止の根拠
(2) 築地市場の存続・再整備の必要性
二 卸売市場制度の変質と再構築の基本課題
(1) 卸売市場制度の変質─第次卸売市場整備方針に見る─
(2) 卸売市場再構築の基本課題
補論 食糧流通研究の展開と課題緒言
一 農産物市場の展開と商業資本
(1) 農産物市場研究の開始
(2) 青果物市場研究
(3) 食糧流通研究
二 食糧流通のシステム化と総合産地形成
(1) 食糧流通のシステム化の展開
(2) 食糧管理制度の変質過程
(3) 総合産地形成と農協・自治体の役割
三 市場の国際化と食糧・環境問題
(1) 市場の国際化と食糧・農産物市場の再編
(2) 持続的農業発展と食糧・環境問題
(3) 再編成下の協同組合問題
四 食糧流通研究の今後の課題
(1) 食糧流通研究のまとめ
(2) 今後の課題
初出一覧
著作目録
三國英實略歴

著者プロフィール

三國英實(ミクニヒデミ)

1959年3月 北海道大学農学部農業経済学科卒業
1963年8月 北海道立総合経済研究所研究員
1984年5月 弘前大学農学部教授
1989年4月 広島大学生物生産学部教授
1996年4月 広島大学大学院生物圏科学研究科長
2000年3月 広島大学定年退官、広島大学名誉教授

上記内容は本書刊行時のものです。