版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:43:"農村女性と再生可能エネルギー ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8119-0458-0";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:345:"農村地域における女性の活動という切り口で再生可能エネルギーを捉えて、自分たちの使うエネルギーを自分たちの手で作る活動を報告している。つまるところ、本著に出てくる女性たちは再生可能エネルギーに関わることで自らの生き方を体現している。";s:6:"author";s:34:"榊田みどり(著/文)…他2名";s:10:"publishers";s:12:"筑波書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"筑波書房";s:12:"release_date";i:1420902000;}

JC総研ブックレット10

農村女性と再生可能エネルギー

教育 ラノベ

榊田みどり(著), 和泉真理(著), 岸康彦(監修)
発行:筑波書房

A5判   62頁  並製
定価 750円+税

ISBN 978-4-8119-0458-0   C0036
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2015年1月
書店発売日 2015年1月11日
登録日 2014年12月3日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

農村地域における女性の活動という切り口で再生可能エネルギーを捉えて、自分たちの使うエネルギーを自分たちの手で作る活動を報告している。つまるところ、本著に出てくる女性たちは再生可能エネルギーに関わることで自らの生き方を体現している。

目次

巻頭言 エネルギーの地産地消を目指す女性たち(岸康彦)
第1章 太陽光パネルを設置した農村の女性達(和泉真理)
第2章 発電しない小型畜産バイオガス施設(榊田みどり)
第3章 山の恵みをエネルギーに変える(榊田みどり)
第4章 農村の再生可能エネルギー:次の世代の挑戦(和泉真理)
おわりに 改めて農村の再生可能エネルギーの生産と利用に向けて(和泉真理)

著者プロフィール

榊田みどり(サカキダミドリ)

農業ジャーナリスト・立教大学兼任講師。1960年、秋田県生まれ。
東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。学術博士。
【主要著書】
『安ければ、それでよいのか?!』コモンズ(2001年)共著、『雪印100株運動』創森社(2004年)、『だれでも持っている一粒の種』武田ランダムハウスジャパン(2009年共著)

和泉真理(イズミマリ)

一般財団法人JC総研客員研究院。1960年、東京生まれ。
東北大学農学部卒業。英国オックスフォード大学修士課程修了。
【主要著書】
『食料消費の変動分析』農山漁村文化協会農山漁村文化協会(2010年)共著、『農業の新人革命』農山漁村文化協会(2012)共著、『英国の農業環境政策と生物多様性』筑波書房(2013年)共著。

岸康彦(キシヤスヒコ)

[略歴]
農業ジャーナリスト・日本農業経営大学校校長。1937年、岐阜県生まれ。
早稲田大学文学部卒業。日本経済新聞社、愛媛大学農学部、日本農業研究所をへて現職。
[主要実績]
『食と農の戦後史』日本経済新聞社(1997年)、『雪印100株運動』創森社(2009年)共著、『農に人あり志あり』創森社(2009年)編著。

上記内容は本書刊行時のものです。