版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:31:"日本資本主義の食と農 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8119-0394-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:247:"長年農業問題と資本主義経済の歩みを研究してきた著者が、今日までの日本の食と農が抱える基本的問題を、日本資本主義経済の辿った歩みと関連させながら考えをまとめた1冊です。";s:6:"author";s:21:"暉峻衆三(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"筑波書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"筑波書房";s:12:"release_date";i:1318258800;}

筑波書房ブックレット 暮らしのなかの食と農51

日本資本主義の食と農 軌跡と課題

社会科学 ラノベ

暉峻衆三(著)
発行:筑波書房

A5判   78頁  並製
定価 750円+税

ISBN 978-4-8119-0394-1   C0036
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2011年10月
書店発売日 2011年10月11日
登録日 2011年9月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

長年農業問題と資本主義経済の歩みを研究してきた著者が、今日までの日本の食と農が抱える基本的問題を、日本資本主義経済の辿った歩みと関連させながら考えをまとめた1冊です。

目次

何を問題にするか
止めどなく深まる食料安全保障の危機
戦後をどう時期区分するか
第一の時期
アメリカ主導下の戦後世界経済の基本的枠組み
新鋭重化学工業・巨大企業基軸の高度経済成長
1955-70年代前半
「企業国家」の成立と「未熟な福祉国家」
[YH1]環境破壊、食と農の歪みの序曲
歪みを抱えた「基本法農政」
基本法農政下に影も
1970年代は世界の大きな曲がり角
[アメリカ覇権の揺らぎの始まり]
[BW体制の崩壊]
[スタグフレーションと市場原理主義の台頭]
[中曽根政権]
[Japan as Number One が仇に]
第二の時期
「プラザ合意」
「日米諮問委員会報告」(84年9月)
「前川レポート」(1986年4月)
「農政審議会答申」(1986年11月)
異常なバブルとその崩壊
GATT UR農業交渉合意、WTOの発足
WTO下に自民党農政は
代わった民主党政権は
TPPの急浮上
多国籍大企業主導のグローバル化
「アグリビジネス」
グローバル資本主義の躓きとアジアの興隆
おわりに
あとがき

著者プロフィール

暉峻衆三(テルオカシュウゾウ)

1924年(大正13年)岡山県倉敷市に生まれる。1947年(昭和22年)東京帝国大学農学部農業経済学科卒業。農学博士(東京大学)。
東京教育大学(現筑波大学、1953年4月~1978年3月)、信州大学(1978年4月~1983年9月)、宇都宮大学(1983年10月~1990年3月)教授、東亜大学大学院(1992年4月~1998年3月)教授。
日本経済学会連合理事(1984年4月~1987年3月)、日本農業経済学会副会長(1984年4月~1986年3月)、農業・農協問題研究所理事長(1992年6月~2004年6月)などを歴任
現在:日本農業経済学会名誉会員
   農業・農協問題研究所特別会員
【主要著書】
『日本農業問題の展開』(上、下)、東京大学出版会(1970年、1985年)、『日本資本主義と農業保護政策』(編著)、御茶の水書房(1990年)、『現代資本主義と食糧・農業』(上、下)(共編著)、大月書店(1995年)、『日本の農業150年 1850~2000年』(編)、有斐閣、(2003年)、同、ハングル版、Hanulbools、2004年、どう、中国語版、中国農業大学出版社、2011年。など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。