版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:25:"少子高齢化と農村 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8119-0352-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:248:"「少子化の2要因」、「少子化対策としての教育事業」、「高齢化と家族・集落」、「介護事業の展開とJA」のテーマで、現代日本農村の少子高齢化の実態とその対策を明らかにした。";s:6:"author";s:21:"相川良彦(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"筑波書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"筑波書房";s:12:"release_date";i:1251730800;}

少子高齢化と農村

社会科学 ラノベ

相川良彦(著)
発行:筑波書房

A5判   254頁  上製
定価 2,800円+税

ISBN 978-4-8119-0352-1   C3033
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2009年8月
書店発売日 2009年9月1日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「少子化の2要因」、「少子化対策としての教育事業」、「高齢化と家族・集落」、「介護事業の展開とJA」のテーマで、現代日本農村の少子高齢化の実態とその対策を明らかにした。

目次

Ⅰ部 少子化の2要因
第1章 社会問題としての未婚・晩婚化
第2章 二世代夫婦別居化と出生児数
Ⅱ部 少子化対策としての教育事業
第3章 農業体験研修と移住
第4章 山村留学とその効果
Ⅲ部 高齢化と家族・集落
第5章 長寿・高齢化による農家家族の変容
第6章 過疎集落の高齢化対策と老後不安
Ⅳ部 介護事業の展開とJA
第7章 介護保険を契機とした介護サービス事業の展開
第8章 介護事業の全国状況とJAの生きがい対策

著者プロフィール

相川良彦(アイカワヨシヒコ)

1946年生まれ。京都大学農学部修士課程修了、1971~2007年農林水産政策研究所(旧農業総合研究所)に勤務・定年退職。
著書『農村集団の基本構造』御茶の水書房、1991年(地域脳論学会受賞)
『農村にみる高齢者介護』川島書店、2000年(日本農業経済学会学術賞)
『賢治の見た夢―農民芸術の歳月―』日本経済評論社、2007
共著 『農村をめざす人々』筑波書房、2006

上記内容は本書刊行時のものです。