版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:31:"FTAと日本の食料・農業 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8119-0272-2";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:204:"全体としてFTA推進の流れは日本全体を覆いつくしています。FTA推進と日本の食料・農業をその中でどう取り扱うかについて、バランスのある議論した。";s:6:"author";s:21:"鈴木宣弘(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"筑波書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"筑波書房";s:12:"release_date";i:1093791600;}

筑波書房ブックレット 暮らしのなかの食と農 27

FTAと日本の食料・農業

鈴木宣弘(著)
発行:筑波書房

A5判   96頁  並製
定価 750円+税

ISBN 978-4-8119-0272-2   C0036
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2004年8月
書店発売日 2004年8月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

世の中が一つの方向に加速的に流れ始めたときこそ冷静な分析が必要である。このような視点から、FTA推進と日本の食料・農業をその中でどう取り扱うかについて、バランスのある議論を展開している一冊。

目次

まえがき 3

はしがき
1.やむを得ない選択肢
日本は節操がない?
FTAの弊害に対する認識
2.FTAにおける「国益」とは何か
誰が利益を得るのか—大変なのは農業だけではない
農業を丸ごとFTAから除外した方が日本の「国益」にかなう?
差別待遇の弊害の最小化 — センシティブ品目を除外する正当な根拠
3.FTAの障害は何か
農業バッシングは正当か
実は日本農業はFTAに十分含められる
本当の障害は?
「協力と自由化のバランス」の真意は?
日本社会の「混血化」を許容するか否か?
4.NAFTAにみるFTAの論点
GATT24条の意味
米国のFTA戦略の一端
差別的待遇の錯綜
メキシコ農業への打撃:米国からのダンピング輸出は正当か
最終製品のゼロ関税と農産物
迂回輸出は阻止できるか
小括
5.日韓FTAとAU(Asian Union)に向けた具体的検討
日韓FTAと農林水産物をめぐる両国の姿勢
データに基づく検証
日韓、そしてアジアとの経済連携強化におけるその他の留意すべき論点
日韓FTA成立、そしてアジアの連携強化に向けての必要な枠組みと展望
6.要約と結論
当面のやむを得ない選択としてのFTA
メキシコとの大筋合意とアジア諸国とのFTA交渉のポイント
[付録]ブロック化の弊害
補論 FTA進展下のコメ政策改革試案
1.はじめに
2.いくつかの論点
3.シミュレーションから得られる示唆

著者プロフィール

鈴木宣弘(スズキノブヒロ)

1958年,三重県生まれ。東京大学農学部卒業。農林水産省国際企画課、農業総合研究所研究交流科長等を経て、九州大学大学院農学研究院教授。夏季(7〜8月)は、米国コーネル大学客員准教授も兼任。農学博士。

上記内容は本書刊行時のものです。