版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「ゆとり」批判はどうつくられたのか 佐藤 博志(著) - 太郎次郎社エディタス
.

「ゆとり」批判はどうつくられたのか 世代論を解きほぐす

四六判
縦188mm 横128mm
192ページ
並製
定価 1,700円+税
ISBN
978-4-8118-0778-2
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2014年10月
書店発売日
登録日
2014年9月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2018-03-01

紹介

かつて、日本社会は教育にも働き方にも「ゆとり」を強く希求したはずだった。
なぜ「ゆとり世代」は叩かれねばならなかったのか──。

長年にわたりバッシングを受け、
いまや世代論における罵倒のかたちとして定着してしまった「ゆとり」。
「ゆとり世代」批判は根拠ある正しい認識なのか。
気鋭の研究者2人が社会学と教育学の観点から
「ゆとり」言説を読み解き、多くの誤謬を明らかにする。

不毛な学力低下論争のすえに一人歩きしたネガティブ・イメージを支えたものとは?
この問題を置き去りにできない社会的な理由とは?

「ゆとり世代」による座談、著者による対談も収録。

目次

はじめに◆「ゆとり世代」と呼んでほしくない

第1章◆朝日新聞にみる「ゆとり」言説の変遷──岡本智周
■二〇一二年版PISAの報じられ方
「脱ゆとり成果」報道/「ゆとり教育」世代が受けていたPISA/何を「ゆとり」と呼んでいるのか
■八〇年代からの「ゆとり」言説
夢や理想と地続きだった「ゆとり」/「働き方を見直し、欧米なみのゆとりある暮らしを」
■求められた「ゆとりある教育」
「学校教育を見直し、子どもの生活にゆとりを」/「ゆとりのない詰め込み教育からの脱却を」/「ゆとりある教育」のあり方を問うた九〇年代
■二〇〇二年の急転換
学力低下論、総合学習、学びのすすめ/「国の競争力にかかわる問題」――産業界の懸念/紙面審議会での議論――競争原理をめぐって
■言説が実体化させた「ゆとり世代」
揺れ動いた世代の定義/モンスター新入社員という言説/「ゆとり世代にもかかわらず」――消えないレッテル

第2章◆「ゆとり」批判の政治性──岡本智周
■ラベルを上書きする試み
価値の反転と「さとり世代」/社会や時代の問題として
■世代論の虚しさ
先行世代は後続世代をネーミングする/「ゆとり」批判の特異性
■経験主義と系統主義のせめぎあい
日本の教育におけるせめぎあい/アメリカでのせめぎあい――多文化教育をめぐって
■歴史教科書にみる学習内容の実際
系統主義と「国家」の強調の連動/記述の変遷を読み解く
■教育内容の「変化」とはどのようなものか
「ゆとり教育」で内容は薄まったか/教育内容の変化をとらえる視点

座談◆「ゆとり世代」と勝手に呼ばれてしまった当事者たちのちょっと真剣な議論
いつ、どんなときに、だれから言われてきたか/いったい、なんで、くくられる?/「ゆとり教育」と大学入試のビミョーな関係/同じ量・同じ内容の教育だと安心できる?/押しつけられたものを別の言葉で語りなおす

第3章◆教育施策のコンセプトを読む──佐藤博志
■そもそも「ゆとり教育」って、なに?
ゆとり、新学力観、生きる力/九八年改訂学習指導要領をきっかけとした批判/学習指導要領、その改訂と実施
■新学力観という原石――主体的思考・判断・表現の尊重
新学力観が目指したもの/キー・コンピテンシーと新学力観
■原石に影を落とす指導要録――「関心・意欲・態度」を評価する問題点
成績評価における八九年の変更点/相対評価から絶対評価へ/「関心・意欲・態度」は評価にそぐわない
■生きる力という原石――「自立し共に生きる力」として
打ちだされた二十一世紀の「生きる力」/「生きる力」のわかりづらさ
■生きる力とゆとりの結合――スコレーとしてのゆとり
九六年中教審答申で表現された「ゆとり」とは/スコレーの意義を理論化できなかったことの弊害
■「ゆとり」の真の意味を探る――創造的・公共的経験
教育における現代のスコレーとは/「自立し共に生きる力」と「創造的・公共的経験」を

第4章◆「ゆとり教育」の正体──佐藤博志
■九八年改訂学習指導要領の特徴
「教育内容の厳選」の実際/新設された「総合的な学習の時間」/「授業時数の削減」のとらえ方
■九八年改訂学習指導要領が「ゆとり教育」と呼ばれたとき
「三つの誤解」――元文科省事務次官の発言/批判の背景にある教育観
■文科省主導の軌道修正――〇二年「学びのすすめ」と〇三年学習指導要領一部改正
大学生の学力低下論をきっかけに/最低基準とされた学習指導要領と「確かな学力」/残る疑問
■PISAショックと学力低下批判――「ゆとり教育」批判の再検討①
二つの国際調査/PISAの成績がふるわなかった理由/PISA型問題への対応で上がった成績
■若者世代の行動様式に対する批判――「ゆとり教育」批判の再検討②
行動や性質を異質ととらえる目/理不尽な批判
■「総合的な学習の時間」の二律背反――「ゆとり教育」批判の再検討③
何が問題だったのか/「総合学習」の最大の意義
■何が必要とされているのか
グローバル対応と平和主義と/学力の二極化と高度化するカリキュラムへの対応
■「世代フリー社会」に向かって
世代の枠組みを超えて/誤った言説を解体する力

対談◆佐藤博志×岡本智周「ゆとり」批判とは何だったのか、その先に何が見えてきたのか──世代の葛藤をぬけて共生社会へ
わかりやすさゆえに力をもった「ゆとり」言説/自分たちのおかれた状況を問いなおすということ/「ゆとり教育」批判の二つの方向性と社会的文脈/協力・協働のあり方とPISAの影響力/二〇二〇年の教育で何が目指されるのか/世代論をめぐって──区別と差別と共生と/多文化リテラシーと学校教育/世代の問題は共生社会への試金石

著者プロフィール

佐藤 博志  (サトウ ヒロシ)  (

1970年生まれ。筑波大学人間系(大学院人間総合科学研究科)准教授。博士(教育学)。「学校経営と子どもの学びのイノベーション」「教育改革の国際比較」「オーストラリアの教育改革と自律的学校経営」「スクールリーダーの専門的力量の開発」「グローバル化と教育の変容」をおもなテーマとして研究をおこなっている。
著書に『教育学の探究』(川島書店、2013年、編著)、『学校経営の国際的探究』(酒井書店、2012年、編著)、『オーストラリアの教育改革』(学文社、2011年、編著)、『オーストラリア学校経営改革の研究』(東信堂、2009年、日本教育経営学会学術研究賞)、共著に『新版 オーストラリア・ニュージーランドの教育』(東信堂、2014年、共編著)などがある。

岡本 智周  (オカモト トモチカ)  (

1971年生まれ。筑波大学人間系(大学院人間総合科学研究科)准教授。博士(文学)。「教育内容と社会変動の関連」「学校の社会的機能」「教育とナショナリズム」「共生を促す教育的知識の探索と開発」をおもなテーマとして研究をおこなっている。
著書に『共生社会とナショナルヒストリー』(勁草書房、2013年)、『歴史教科書にみるアメリカ』(学文社、2008年)、『国民史の変貌』(日本評論社、2001年、第1回日本教育社会学会奨励賞)、共著に『学校教育と国民の形成』(学文社、2012年、共著)、『共生と希望の教育学』(筑波大学出版会、2011年、共編著)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。