版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:43:"トランジション・ハンドブック ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8074-1314-0";s:16:"shoshi_publisher";s:12:"第三書館";s:11:"description";s:516:"3・11のあと、いよいよ地球規模での、石油にも原発にも頼らない社会作りが焦眉の急となっている。 単なるエコ志向・ロハス嗜好ではなく、地域ぐるみ、暮らしぐるみのトータルな組み替え・考えなおしを提案し実行するトランジションのムーブメント。 イギリスで生まれ、世界に広がっている、トランジション的タウン・衣食住転換への基本的実践ガイド。写真図録多数収録。";s:6:"author";s:43:"ロブ・ホプキンス(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:12:"第三書館";s:9:"publisher";s:12:"第三書館";s:9:"productor";s:12:"第三書館";s:12:"release_date";i:1369148400;}

トランジション・ハンドブック  
The Transition Handbook

社会一般

ロブ・ホプキンス(著), 城川桂子(訳)
発行:第三書館

四六判   496頁  並製
定価 2,500円+税

ISBN 978-4-8074-1314-0   C0077
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2013年5月
書店発売日 2013年5月22日
登録日 2013年5月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

3・11のあと、いよいよ地球規模での、石油にも原発にも頼らない社会作りが焦眉の急となっている。 単なるエコ志向・ロハス嗜好ではなく、地域ぐるみ、暮らしぐるみのトータルな組み替え・考えなおしを提案し実行するトランジションのムーブメント。 イギリスで生まれ、世界に広がっている、トランジション的タウン・衣食住転換への基本的実践ガイド。写真図録多数収録。

目次

まえがき
序文−−レジリエンス(復元力)への期待

第一部 頭  1
  第一章 ピーク・オイルと気候変動−−私たちの時代の二大過失  3
  第二章 山頂からの眺め  53
  第三章 炭素排出削減と同様に重要なレジリエンス(復元力)の再構築  71
  第四章 小規模化は不可避(スモール・イズ・イネビタブル)となる理由  99
 第一部まとめ  118

第二部 心  123
  第五章 「心的石油後ストレス障害」−−ピーク・オイルと気候変動の影響  125
  第六章 変化心理学を理解する  133
  第七章 前向きなビジョンの育み方  151
  第八章 二〇三〇年へのビジョン−−トランジションの開く近未来  171
  第九章 キンセール−−初めてのコミュニティ・ビジョンの試み  207
 第二部まとめ  223

第三部 手  227
  第十章 トランジションという概念  229
  第十一章 トランジション・イニシアティブの始め方  255
  第十二章 トランジション・タウン・トットネスの最初の一年  309
  第十三章 トランジション運動の広がり  361

終わりにあたって  382

日本語版への解説(トランジション・ジャパン)  408

訳者あとがき  427

著者プロフィール

城川桂子(シロカワ ケイコ)

東京都生まれ。横浜市立大学文理学部卒業。北米通信連盟勤務後、渡英。ロンドンを拠点に英国および中東情勢を主題としたドキュメンタリー映画・TV番組のプロデューサー・コーディネーター、テレビ東京・BBC WORLD放送の経済番組制作会社ロンドン支局長。1994年に帰国。NHK・BSの番組ディレクターを経て、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン広報官。2011年4月よりドイツテレビ協会ZDFプロデューサー。
訳書:『リッダ アラブ人としてイスラエルに生きる』(第三書館)
共訳:『アラブ革命運動史』(柘植書房)、『アラブ民族』(亜紀書房)
共著:『報告 中東の革命と戦争』(秀英書房)
ドキュメンタリー映画:『幻の混民族共和国』、『パレスチナ1976-1983』(布川プロダクション)

上記内容は本書刊行時のものです。