版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:49:"カルトとしての創価学会=池田大作 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8074-0017-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:334:"2000年フランス下院で「創価学会はカルトである」と認定されたように、創価学会に対する国際的な警戒心がにわかに高まっている。本書は、政権与党にくいこみ天下取りを狙う池田大作の野望とカルトとしての危険性を綿密な取材を基に論証する。";s:6:"author";s:24:"古川 利明(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"第三書館";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"第三書館";s:12:"release_date";i:974646000;}

カルトとしての創価学会=池田大作 フランス下院は「創価学会はカルトである」と認定した

古川 利明(著)
発行:第三書館

四六判   320頁  上製
定価 1,500円+税

ISBN 978-4-8074-0017-1   C0036
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2000年11月
書店発売日 2000年11月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2000年フランス下院で「創価学会はカルトである」と認定されたように、創価学会に対する国際的な警戒心がにわかに高まっている。本書は、政権与党にくいこみ天下取りを狙う池田大作の野望とカルトとしての危険性を綿密な取材を基に論証する。

著者プロフィール

古川 利明(フルカワ トシアキ)

1965年、新潟県生まれ。1988年3月、慶應義塾大学文学部(仏文学専攻)卒業。同年4月、毎日新聞社入社。大阪本社社会部、高知支局、姫路支局、大阪本社社会部(東京本社政治部、高槻駐在)を経て、1994年8月退社。1996年1月、東京新聞(中日新聞東京本社)入社。首都圏部「TOKYO発」取材班を経て、1997年7月退社。現在フリージャーナリスト。著書: 『追いつめられた子どもたち−検証・風の子学園事件』(1993年、エピック刊)『新聞記者卒業−オレがブンヤを二度辞めたワケ』(1999年、第三書館刊)『システムとしての創価学会=公明党』(1999年、第三書館刊)『シンジケートとしての創価学会=公明党』(1999年、第三書館刊)『カルトとしての創価学会=池田大作』(2000年、第三書館刊)

上記内容は本書刊行時のものです。