版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:48:"裾野を広げるエンジニアリング産業";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-8065-2999-6";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:969:"━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━エンジニアリング産業の今とこれからの可能性がわかる!産業人の方はもちろん、業界を志す学生諸君にも必読の内容━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 本書では、サービス産業として分類されるエンジニアリング産業の定義や歴史等の概観から始まり、産業界における役割や求められる人材像、今後の可能性について、コンパクトにわかりやすく解説しております。 本書を一読していただき、学生諸君や多くの産業人が、システムエンジニアリングないしシステムズエンジニアリングへの理解を深め、この分野へ参入することに果敢に挑戦して欲しいという著者の思いが詰まった一冊です。是非、ご一読をお薦め致します。";s:6:"author";s:24:"竹川 勝雄(著/文)";s:10:"publishers";s:21:"経済産業調査会";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:21:"経済産業調査会";s:12:"release_date";i:1504796400;}

裾野を広げるエンジニアリング産業 システムズエンジニアリングで産業の未来を拓く

工業・工学 ラノベ

竹川 勝雄(著/文)
発行:経済産業調査会

四六判   140頁 
定価 1,200円+税

ISBN 978-4-8065-2999-6   C2060

書店発売日 2017年9月8日
登録日 2017年8月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エンジニアリング産業の今とこれからの可能性がわかる!
産業人の方はもちろん、業界を志す学生諸君にも必読の内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本書では、サービス産業として分類されるエンジニアリング産業の定義や歴史等の概観から始まり、産業界における役割や求められる人材像、今後の可能性について、コンパクトにわかりやすく解説しております。
 本書を一読していただき、学生諸君や多くの産業人が、システムエンジニアリングないしシステムズエンジニアリングへの理解を深め、この分野へ参入することに果敢に挑戦して欲しいという著者の思いが詰まった一冊です。是非、ご一読をお薦め致します。

目次

━━━━━━━
アブストラクト
━━━━━━━
 1.発刊の目的と用語の扱い
 2.産業のインフラとしてのエンジニアリング産業
 3.システムデザイン・マネジメント(SDM)は、エンジニアリング産業の裾野を拡げる

━━━━━━━━━━━━━━━━━
Ⅰ 社会と経済、発展の要件を考える
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ─エンジニアリング産業の視点から─
 1.モラトリアムがもたらす破綻
 2.持ち時間のルールが競争を確保する
 3.価値と価格の透明性 ─物品の価格は納得でき、機能の価値と価格に戸惑う─
  . 透明性のある価格が市場を活発化する
  . 市場競争の不透明性が及ぼす経済社会への影響
   ① 製品に、金融という商品が組合された価格
   ② 生活必需品に、他の商品が組合された価格 
    ─携帯電話─
 4.インフラと産業支援 ─対価に共通点─
  . インフラと、産業を支援する技術サービス業による外部経済性
  . システムエンジニアリングの概念とエンジニアリング産業
  . さまざまな産業支援策 ─エンジニアリング産業を中心に─
  . 価値と価格 ─機能の価値に価格を付ける覚悟
 *建設業とエンジニアリング産業、発展の比較
  ─セメント登場と元請業者化─

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Ⅱ エンジニアリング産業 ─おおづかみ─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.定義、呼称整理、産業分類
 *プロジェクトマネジメント ─日揮株式会社の会社概要から抜粋─
  . プラントエンジニアリング
  . エンジニアリングコントラクター
  . プラントエンジニアリングとエンジニアリングコントラクターの整理
  . 日本標準産業分類における位置づけ
 2.エンジニアリング産業における仕事の流れ
  . 発注企業との関わり、マネジメントなどの関係性
  . エンジニアリング産業によるイノベーションの企業化、最新技術の実用化
   ① 営業工作の始まり
   ② 戦略、施策の具体化への支援
  . 発注企業との要求事項の調整と契約締結
   ─守秘する信頼の担保─
  . プロジェクトの受け渡し
   ─エンジニアリング産業と発注企業─
  . エンジニアリング産業にはマネジメントが2つ存在
 *SWOT分析
 *H.I.アンゾフ「企業戦略論」における「基本戦略の分類」
 3.エンジニアリング産業の特性
  . 専門的で高度な技術への即応性
  . 産業の多様なニーズに応じる
 *一般財団法人エンジニアリング協会会員会社、プラント分類記号一覧
 *多様なニーズに応じるエンジニアリング産業:東京ガス・
  エンジニアリング株式会社(現:東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社)元社長 藤岡 治郎 氏

━━━━━━━━━━━━━━━
Ⅲ エンジニアリング産業の歴史
━━━━━━━━━━━━━━━
  ─創業時(社史により概観)─
 1.日揮株式会社(英文社名:JGC CORPORATION)、設立1928年10月25日
 2.千代田化工建設株式会社(Chiyoda Corporation)、設立1948年1月20日
 3.エンジニアリングコントラクター
  株式会社竹中工務店(1610年神社仏閣の造営を業として開業、1937年法人化)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Ⅳ エンジニアリング産業が求める人材
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.イノベーションへの目利き
 *ロードマップ
 2.死の谷へ落ちないためのスピード感 ─イノベーションは陳腐化する─
  . マネジメントとして「死の谷」を考える
   ─「NTTグループ社史」2006年3月発刊─
  . 起業等の想定訓練で死の谷へ備える
 3.実学する人材・風土
 参考資料:文部科学省 第3章 新時代における高等教育機関の在り方(抜粋)
 4.考える力と牽制できる教養人
  . 実学への期待
  . 牽制する組織の必要性
 *牽制とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Ⅴ エンジニアリング産業における人材支援
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.『Project Management』研修
 2.プロジェクト支援組織
 3.プロジェクトマネジメントチーム人材への支援
  . 人材育成に違い
  . 組織作りと運営
  . プロジェクトへの支援
 4.エンジニアリング産業における、JV、コンソーシャム支援とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Ⅵ エンジニアリング産業、その幅広い可能性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.エンジニアリング産業とシステムデザイン・マネジメントによる経済社会展望
  . 経済社会が発展する鍵
  . 何故、本書のタイトルなのか
 2.学際的研究成果の取込み
 *学際的研究について
 *異専門間協業について
 *異業種交流と学際的研究について
 3.システムエンジニアリング化へ向かう
  . エンジニアリング産業が発注先へ提供する機能
  . エンジニアリング産業を目指す準備事項
  . 地域の企業とエンジニアリング産業の関わりかた
 4.自社と他社、価値の産出へ挑戦する
   ─安心という価値の創出─
  . エンジニアリング産業における高度化の実例
  . エンジニアリング産業における高度化の意味
  . エンジニアリング産業と他の産業の高度化の要点
 5.戦略的システムズエンジニアリングの最新動向の現状と未来

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Ⅶ エンジニアリング産業と地域の発展
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.創造する人材 ─中高年の活躍の場─
  . ミッションを持った職業人を創造する
  . 視点が変わる人事評価制度
 *全天候型人材育成 ─日揮50年史から引用─
 2.地域における組織と職業の関係性の変革
 *プロトタイプ
 *パイロットプラント
 *エンジニアリング産業、プロトタイプ、パイロットプラント
 *IoT、Internet of Things
 *人事制度の課題
 3.エンジニアリング産業による地域活性化事例
 4.地域における比較優位産業の確立と、障害者の社会復帰の実現 ─新たに生み出される価値と光─
  . 比較優位産業の確立
  . 地域のバリアフリー化に向けたインフラ整備
  . システムエンジニアリングは企業、地域が実現する
   プロジェクトに価値・光を付け、人々を動かす

━━━━
あとがき
━━━━

上記内容は本書刊行時のものです。