版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:52:"新版 編集とはどのような仕事なのか ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-7987-0152-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:728:"現役必携!志望者必読! 一般読者も本を見る眼がガラリと変わる。講談社現代新書の編集長を務め、「選書メチエ」を創刊し「現代思想の冒険者たち」「日本の歴史」など記念碑的企画を世に送り出した名編集者が、奥義の全てを披露する。 [新版について] 本書は2004年刊行の旧版の数字データや、現状とは異なる古くなった部分を改め、著者略年譜を付して新版として刊行するものである。改訂の方針については著者の意向を伺っていたが、その作業にかかる直前に著者が亡くなったため、著作権者の了解を得て編集部が改訂を施した。 ";s:6:"author";s:24:"鷲尾 賢也(著/文)";s:10:"publishers";s:21:"トランスビュー";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:21:"トランスビュー";s:12:"release_date";i:1412866800;}

新版 編集とはどのような仕事なのか 企画発想から人間交際まで

鷲尾 賢也(著)
発行:トランスビュー

四六判   256頁  上製
定価 2,000円+税

ISBN 978-4-7987-0152-3   C1000
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2014年10月
書店発売日 2014年10月10日
登録日 2014年8月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2015-05-24 朝日新聞  
2014-10-19 読売新聞  
2014-10-12 毎日新聞  

紹介

現役必携!志望者必読!
一般読者も本を見る眼がガラリと変わる。講談社現代新書の編集長を務め、「選書メチエ」を創刊し「現代思想の冒険者たち」「日本の歴史」など記念碑的企画を世に送り出した名編集者が、奥義の全てを披露する。

[新版について]
本書は2004年刊行の旧版の数字データや、現状とは異なる古くなった部分を改め、著者略年譜を付して新版として刊行するものである。改訂の方針については著者の意向を伺っていたが、その作業にかかる直前に著者が亡くなったため、著作権者の了解を得て編集部が改訂を施した。

目次

1 編集者とは何か
テレビドラマでは/「一個の人格」として/無から有を/適性はあるか

2 ささやかな自分史
週刊誌での体験/激戦、新書編集部/学術局へ

3 出版小史と出版事情
危機に立つ出版/日本の出版をふりかえる/コミックの出現以後

4 企画の発想法
自閉的傾向のなかで/企画の三角形/分類してみると/問題をつくる能力/編集会議という整流器/取材とはどのようなことか

5 原稿依頼とプロット
引き受けてもらうには/設計図はどう作るのか

6 催促と読みと修正
あるときは鬼、またあるときは……/第一の読者として/原稿修正のむずかしさ

7 チェックから入稿まで
整理に必要な構想力/目次と小見出し/図版・写真・地図・イラストなど

8 装丁・タイトル・オビ
本にも衣装/タイトルを練る/オビは腕の見せどころ

9 編集から見た販売・流通・宣伝
書店という特異な場所/再販売価格維持契約と委託配本制/新聞宣伝と書評

10 人間交際論
「面」でつきあえ/他人の力を借りる/本と「つきあい」の共通性

11 本に未来はあるか
本はどうなってゆくのだろうか/変わりゆく編集作業/村上春樹の実験

12 著者に育てられる
手土産をもって/ネットワークを広げる/「本」編集長として/安岡章太郎と丸山真男/創刊はおもしろい

あとがき

著者プロフィール

鷲尾 賢也(ワシオ ケンヤ)

1944年、東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。1969年、講談社入社。「週刊現代」を振り出しに、「現代新書」編集長、PR誌「本」編集長などを経て、書き下ろしシリーズ「選書メチエ」を創刊、「現代思想の冒険者たち」(全31巻)、「日本の歴史」(全26巻)などの記念碑的な企画を世に送る。また小高賢の名で歌人としても活躍。歌集『本所両国』で第5回若山牧水賞受賞。8冊の歌集のほかに、批評『転形期と批評―現代短歌の挑戦―
』『この一身は努めたり―上田三四二の生と文学―』などがある。2014年2月、脳出血により死去。

上記内容は本書刊行時のものです。