版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
図解入門 よくわかる最新SAP&Dynamics 365 村上 均(著/文) - 秀和システム
..

図解入門 よくわかる最新SAP&Dynamics 365

A5判
328ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784798051147
Cコード
C3055
専門 単行本 電子通信

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年11月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

◆「逆引きリファレンス」と「豊富な図解」でERPの悩みを解決します

本書では、ERPシステムを購買、在庫管理、生産管理、販売、
会計業務等を対象とした統合基幹業務システムと定義し、
ERPシステムを使いこなすための150項目の悩みを取り上げています。

ERPの基礎知識のほか、経理などのユーザーの方、経営者・監査の方、
情シス部門の方、SIerの方に分けて、それぞれの立場の方々から、
たびたび検討事項として挙がる項目、および過去に多くのご質問を
いただいた項目を中心に、抜粋して解決方法を例示しています。

ご自身が今置かれている立場の部分だけを読んでいただいても結構ですし、
ほかの立場の人の悩みも読んでいただき、悩みを知ることで、
ほかの人はどのようなことで悩み、そしてどのような視点で
物事を捉えているのだろうか、という疑問に答えることになるかもしれません。

ERPシステムは、基幹業務の全体最適化を目指しています。
そのため、組織としてのチームワークがなければ実現することができません。
悩みを共有することで共通の認識ができ、
関係する人々が全体観を持てるようになれば幸いです。

本書を活用して、皆さまが利用されているERPシステムが、
組織により良い成果をもたらし続けることを願ってやみません。

目次

第1章 ERPの基礎知識
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1-1 ERPとは

01 ERPとは何か?
02 ERP登場の背景は?
03 ERPは何を提供するのか?
04 ERPはなぜ必要なのか?
05 ERPのメリットは?
06 ERPのデメリットは?
07 なぜERPは普及したのか?
08 ERPはどのように進化してきたか?
09 ERPの現状は?
10 次世代ERPとは?

1-2 ERPの仕組み

11 ERPパッケージとは?
12 クラウドとは?
13 オンプレミスとは?
14 データドリブンとは?
15 BI機能とは?
16 システムの構成はどうなっているのか?
17 2層ERPとは?
18 なぜクライアント・サーバなのか?
19 ERPシステムの周辺システムには、どんなものがあるか?
20 ERPシステムとネットワークの関係は?
21 ERPシステムのデータベースはどうなっているか?
22 セキュリティは大丈夫なのか?

1-3 ERPパッケージの比較

23 各社のERPパッケージの違いは?
24 日本製と外国製の違いは?
25 SAPとは?
26 Dynamics 365とは?
27 最近のERPパッケージの動向は?
28 ERPと管理会計
29 ERPと内部統制
30 中堅中小企業がERPを活用するためのポイントは?
31 ERPとCRMとの関係は?
32 ビジネスモデルテンプレートとは?

1-4 導入の手順

33 ERPパッケージの導入手順は?
34 ERPパッケージのはどのように選べばいいのか?
35 ERPパッケージの導入コストは?
36 プロトタイピング手法とは?
37 システムランドスケープとは?
38 ベストプラクティスとは?
39 ユーザー研修は誰がするのか?
40 ERP導入の課題とは?


第2章 経理、財務、生産、販売、購買、在庫の悩み解決
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2-1 経理、財務

41 消費税の問題
42 源泉徴収税の問題
43 原価と利益の考え方の違い
44 ロジと会計をいつ連動させるか?
45 標準原価計算と実際原価計算の問題
46 固定資産機能は使えるのか?
47 会計上の決算修正取引を別に管理したい
48 外貨取引入力の問題
49 外貨評価の問題
50 出荷基準と納品基準の売上計上タイミングの問題
51 自分でレポートを作成したい
52 配賦は本当に必要なのか?
53 分析コードの設定の考え方は?
54 前受、売掛、未収、前払、買掛、未払の関係は?

2-2 生産、販売、購買、在庫

55 納期回答の問題
56 販売価格の問題
57 月次請求の問題
58 受注請求後の取り消しの問題
59 会社間受発注処理の問題
60 対応できる生産形態は?
61 MRPの問題
62 製造指図実績入力の問題
63 購買依頼の問題
64 在庫管理単位の問題
65 在庫移動の問題
66 在庫評価の問題
67 品目グループの決め方
68 与信管理の問題

2-3 その他

69 Excelバッチインプット機能がほしい
70 不要な項目が多い、日本語の誤訳がある
71 検索、フィルター機能が使いにくい
72 Excelを使った手作業による集計・チェック作業が多い


第3章 経営者、監査の悩み解決
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
3-1 経営

73 キャッシュフローは大丈夫か?
74 会社が儲かっているか、儲かっていないのか分からない!
75 報告書ごとに数字が異なるので困る!
76 アウトプットされる将来の予測値が根拠のある事実に基づいているか?
77 月次決算の締めが遅い!
78 IT投資の効果が出ているか?
79 組織の合併・分割にすばやく対応できる仕組みになっているか?
80 基幹データの情報セキュリティはどのようにして担保できるか?
81 自分でERPシステムを使いこなせるようになりたい
82 システムダウン時のバックアップ体制は大丈夫か?(事業継続)

3-2 監査

83 監査法人などによる会計監査に対応できているか?
84 内部統制用のチェック機能はあるか?
85 ISMSに対応できているか?
86 IFRS対応は大丈夫か?
87 IT統制の視点での問題はないか?


第4章 情シスの悩み解決
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
4-1 運用管理

88 情報システム部門の役割とは?
89 情報の「見える化」対応をどのように実現するか?
90 全体最適化の「全体」とは何か?
91 要件定義、フィット&ギャップの洗い出しの進め方は?
92 組織構造の定義が難しい!
93 クラウドか、オンプレミスか?
94 業務プロセス、業務フローは誰が管理しているのか?
95 コード定義および管理は誰が行っているのか?
96 情報系および管理会計、財務会計ニーズの違いは?
97 システム全体を理解している人がいない!
98 外部システムとのインターフェースの問題をどうするか?
99 エンドユーザーコンピューティングにどう対応するか?
100 多言語やタイムゾーンの問題をどうするか?
101 操作マニュアルは、どのように作成するか?
102 採用技術の陳腐化と維持管理をどうするか?
103 バージョンアップの方法は?
104 保守料・運用コストがアップしている!
105 複数のマスターの整合性をどう実現するか?
106 昔から使い続けてきたサブシステムをどうするか?
107 ビジネステンプレートを使った場合の問題をどうするか?
108 再構築時のマスター、トランザクション、残高の移行方法は?
109 ERPシステムは組織の役に立っているのか?
110 ユーザーメニューと権限管理が大変!
111 社員のスキルアップをどう進めるか?

4-2 カスタマイズと追加開発

112 ワークフローの変更管理が大変!
113 プログラムの変更管理をどうするか?
114 設定したパラメータの変更管理が大変!
115 ローカルルールにどう対応するか?
116 分析のために必要な項目を追加したい!
117 グローバル化対応に必要な機能とは?
118 海外子会社の基幹業務システム化の進め方は?
119 IFRS対応をどのように進めていくべきか?

4-3 トラブル対応

120 ユーザーからの問い合わせの対応方法は?
121 システムが複雑化・属人化している!
122 再構築・リプレースが難しい!
123 バグの存在をどうするか?
124 メーカーのサポート打ち切りの対応方法は?
125 技術者が高齢化している!


第5章 SIerの悩み解決
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
5-1 開発

126 案件規模が縮小しそうだが、どうすれば良いか?
127 競争激化で、提案貧乏になってしまう!
128 工数見積もりから脱却できない!
129 クラウドになったら売上が減少するのか?
130 プロジェクト受注時の見積原価と実際原価が乖離している!
131 顧客との納品・検収が計画通りに進まない!
132 プロジェクト全体を理解している社員が不足している!
133 顧客が多岐にわたり、守備範囲が広すぎる!
134 納品後に不具合が発生した!
135 複数パッケージの取り扱いで要員が分散してしまう!
136 プロジェクトマネージャが不足している!

5-2 保守

137 パートナーライセンスには、どんな種類があるのか?
138 パッケージのアップデートが頻繁で、維持管理が大変!
139 メンバーがプロジェクトから離れ、保守サービスが十分にできない!
140 海外案件のプロジェクト管理と保守が難しい!
141 保守の一次窓口担当と実際の担当の振り分けが大変!
142 保守要員のローテーションが難しい!
143 Add-onしたプログラムのメンテナンス要員確保が難しい!
144 SIerの力だけでは、サービスを完結できない!
145 パートナーランキングのアップに苦労している!

5-3 その他

146 どうすればERPパッケージの導入コンサルタントになれるか?
147 マルチパッケージ担当コンサルの育成をどうすればよいか?
148 パートナー会社のキープはどうすれば可能か?
149 ハード販売からサービス提供型へシフトすべきか?
150 安定収益確保が難しくなってきたが、どうすればいいか?

著者プロフィール

村上 均  (ムラカミ ヒトシ)  (著/文

会計事務所のコンピュータ部門でプログラミングやシステム開発等の
SEを経験。その後、SIerに移籍し、SAPのFI・CO・PSの導入コンサルタント、
Microsoft Dynamics 365 for operationsの導入コンサルタントとなる。
大原簿記学校非常勤講師、中小企業大学東京校非常勤講師なども経験。
現在は、(株)エヌティ・ソリューションズ取締役を経て、
アレグス(株)代表取締役。
SAP FI/CO認定コンサルタント、Dynamics 365認定コンサルタントのほか、
中小企業診断士、公認システム監査人などの資格を持つ。
1950年生まれ、岩手県立久慈高等学校、中央大学商学部卒。

池上 裕司  (イケガミ ユウジ)  (監修

外資系企業の幅広い部門で実務とプロジェクトに関わった後、SIerに転じ、
SAPのSDコンサルタントとして、様々な会社のSAP導入プロジェクトに参画。
また、その過程で多くのビジネスパーソンが職場や家庭で直面する問題や
苦しさを自身で体験し、乗り越えてきた経験を元に、多くの人の心理相談に
も応じてきた。その後、川崎市内の心療内科にて、5年間で450人、
延べ時間で4500時間を越える幅広い分野のカウンセリングを行う。
カウンセラーとしては極めて珍しい
「ITコンサルタント出身の心理カウンセラー」であり、図解を使った
カウンセリングを得意とする。現在は、アレグス(株)取締役。
SAP SD認定コンサルタント、PMP、上級心理カウンセラー(JADP)。
1951年生まれ。東北大学・理学部化学科卒。国際基督教大学大学院・
行政学研究科卒。

上記内容は本書刊行時のものです。