版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
図解入門ビジネス 物流センターの改善の進め方がよ~くわかる本 秋川健次郎(著/文) - 秀和システム
..
図解入門ビジネス

図解入門ビジネス 物流センターの改善の進め方がよ~くわかる本

A5判
224ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784798048932
Cコード
C2034
実用 単行本 経営

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2016年12月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

第1章 自らの手で物流センター改善を進めよう!
1-1 物流に大きな変化が訪れている
1-2 インターネットによる配送と物流センターへのインパクト
1-3 物流センターが事業競争のカギとなる時代が訪れた
1-4 まだまだ人手の掛かる物流現場
1-5 複雑化する庫内業務
1-6 委託先コンペで上手くいく時代は終わった
1-7 安価なツールの登場で改善活動が身近になった
1-8 他力本願で改善は進まない

第2章 物流改善活動の全体像
2-1 改善プロジェクトの主役は物流部門
2-2 改善活動の全体像

第3章 「Step0」予備調査?目的と目標、スコープ(活動範囲)設定
3-1 目的と目標がない船(プロジェクト)は迷走する
3-2 意外に共有されにくい目的と目標
3-3 コンセプトはメンバーを束ねる!
3-4 プロジェクトの活動範囲を明確にするスコープ設定
3-5 活動企画書の取りまとめ
3-6 シナジーを生むプロジェクトチーム作り

第4章 「Step1」現状調査、分析?問題点と課題抽出
4-1 現状調査は外せない
4-2 定性と定量の両面から現状実態を把握
4-3 業務の構成要素やその関係性を明らかにする(定性分析)
4-4 インタビューに基づき「その場」で業務フローを作成する
4-5 業務フロー作成上のポイント
4-6 「物」の流れを可視化する物量フロー図
4-7 システム構成図
4-8 オーダ分析① 出荷荷姿による作業方式と庫内レイアウトの検討
4-9 オーダ分析② オーダ当たり行数によるピッキング方式の検討
4-10 商品ABC分析による保管方式とロケーション割り付けの検討
4-11 商品ABC分析からの読み取り
4-12 ワークサンプリング分析による改善対象の特定(定量分析)
4-13 ワークサンプリング分析の実際
4-14 具体的なインタビューで問題を捉える
4-15 体系化により問題点と課題(取り組みテーマ)を明らかにする

第5章 「Step2」打ち手の創出活動
5-1 Step2打ち手創出活動の進め方
5-2 ブレインストーミングについて
5-3 ブレスト前に行うべきこと
5-4 ブレストの準備
5-5 ブレスト成功の着眼点①
5-6 ブレスト成功の着眼点②
5-7 ブレストの基本ルール
5-8 ブレスト当日の進行
5-9 打ち手の整理
5-10 打ち手の一次評価と打ち手の実行
5-11 打ち手の二次評価と選定

第6章 「Step3」業務改善打ち手の実行
6-1 Step3の進め方
6-2 施策の評価指標設定(KPI)
6-3 KPIに基づく現状値の測定と算出
6-4 KPIに基づく改善目標値の設定
6-5 打ち手の投資対効果(ROI)算出
6-6 改善活動企画書の作成
6-7 改善活動企画書に基づくプレゼンテーションの実施
6-8 改善活動移行の準備
6-9 仮運用実施と進捗確認
6-10 改善活動のクロージング

第7章 システムで改善を定着化しよう!
7-1 改善と一体になった物流情報システム
7-2 物流情報システム構築の注意点
7-3 商物分離のために必要な物流情報システム
7-4 理論在庫と現物在庫
7-5 マスタの整備
7-6 物流情報システムによる「見える化」
7-7 システムで「見えない」作業工数
7-8 システム化で作業時間をNHK
7-9 システム化でボトルネックとクリティカルパスをNHK
7-10 システム化で「考える」「迷う」をNHK
7-11 物流情報システム化で「歩かない」とは
7-12 作業進捗をマネジメントする
7-13 「在庫の見える化」で適正発注
7-14 物流サービス向上と品質向上への対応

第8章 システムで物流センターをマネジメントしよう!
8-1 通過型センターと在庫型センター
8-2 センター運営の基本① ロケーション管理
8-3 センター運営の基本② ロケーション付番方法
8-4 固定ロケとフリーロケの活用
8-5 ケースエリアとバラエリア
8-6 リザーブエリアとピッキングエリア
8-7 ロケーションによるステータス管理
8-8 荷姿
8-9 ロケーション移動
8-10 出荷作業のバッチ組み
8-11 シングル・トータル・マルチの3つの出荷方式
8-12 マテハンの活用
8-13 出荷作業を効率化する最適なマテハン選定

著者プロフィール

秋川健次郎  (アキカワケンジロウ)  (著/文

サトーソリューションアーキテクト㈱ 代表取締役社長。マテハンシステムメーカーにて、物流システムエンジニアとし物流センター構築プロジェクトに従事の後、システムインテグレーター、コンサルティング会社にてSCM・物流改革及び物流情報システム導入に関する数多くのプロジェクトを推進。プロジェクトマネジメント・スペシャリスト/物流技術管理士。著書に『ロジスティクス・エンジニアリング』(流通研究社)。

大江賢治  (オオエケンジ)  (著/文

サトーソリューションアーキテクト㈱ 部長 シニアコンサルタント。自動車車体メーカにて、車体製造に関連する生産管理・工場生産実行系システム及び、かんばん物流システムエンジニアとして社内プロジェクトに従事の後、システムインテグレーターにて、自動車関連企業向けの部品調達EDIシステム、生産計画・実績収集システム、部品・完成車物流管理システムに関する数多くのプロジェクトを推進。MCFrame 認定コンサルタント/情報処理技術者(1種・シスアド)。

實藤政子  (サネフジマサコ)  (著/文

サトーソリューションアーキテクト㈱ コンサルティングパートナー兼、㈱ロジスティクス・システム研究所主席研究員。WMSベンダー、物流コンサルティング会社の取締役を経て現職。ロジスティクス関連のシステムコンサルティング、業務プロセス改革コンサルティングなど、100拠点を超える物流センター改革を推進。ロジスティクス経営士。著書に『WMS導入と運用のための99の極意』(秀和システム)、『WMS入門初級編』(日本工業出版)。

上記内容は本書刊行時のものです。